般若プロレス時評

新日本プロレスとAEWの話題を中心にしたプロレスブログ

【英国一から世界一へ】ウィル・オスプレイが切り開く未来

【英国一から世界一へ】ウィル・オスプレイの切り開く未来

新日本プロレスで開催中の春の祭典ニュージャパンカップ。

昨日3月14日のメインイベントでは、新日本プロレスを代表する英国人レスラー二人の試合が実現しました。

ウィル・オスプレイとザック・セイバーjrという対照的なレスリングスタイルを持つこの二人の試合は、東京ドームのメインイベントでも相応しいほどの激しくも充実した戦いとなりました。

これがトーナメントの二回戦で見れるという贅沢さが、新日本プロレスの層の厚さを物語っています。

昨年のG1クライマックスでオカダ選手に反旗を翻し、自らのユニットを立ち上げたオスプレイ選手に対して、「魅力がなくなった」「つまらなくなった」という評価も散見されるようになっていた昨今。

しかし、昨日の試合を見ているとそんな評価も吹き飛ばしてしまうほど「強いオスプレイ」が戻ってきたように思えます。

ベルト問題で揺れる新日本プロレスですが、ベルトの名称がどうであれ間違いなく昨日の試合は「世界と名のつく試合」だったのではないでしょうか?

 

英国一から世界一へ

オスプレイの余裕を消したザック

ユナイテッド・エンパイアのリーダーになってからは明らかにスタイルチェンジが見えたオスプレイ選手。

リング上のみならず、リング外でもふてぶてしさが際立ってきました。

エンパイアがヒールユニットなのかどうか定かではありませんが、やはりオカダ選手を正義とするのならば、そこに立ち向かうためには相反する立ち位置をとらざるを得なかったのかも知れません。

しかし、その自分の城を得た王の余裕をザック選手は完全にかき消しました。

どれだけ攻撃をしても結果ザック選手のサブミッションの餌食になり、響き渡るオスプレイ選手の悲鳴。

一回戦で戦った同じ英国人のゲイブリエル・キッド選手との試合とはまったく違う鬼気迫るザック選手がそこにいました。

「IWGPと名のつくベルトが欲しい」

(ザック・セイバーjr)

かつてこういった願望を口にしていたザック選手。

時を経てタッグ王者となってから、普段ニヒルな彼が大事そうにベルトを抱える笑顔はとても印象的でした。

今回はオスプレイ選手に敗れその切符は失われてしまいましたが、間違いなくザック選手は「IWGP」と名のつくベルトに相応しいレスラーです。

いつかIWGP世界ヘビー級王座に挑戦するザック選手を見てみたい、そう思わざるを得ない試合でしたね。

 

ウィル・オスプレイとIWGP世界ヘビー級王座

www.prowres-jihyo.com

今目の前で起きている栄光が、実は誰かの栄光のための序章に過ぎなかった。

プロレスとはそういうジャンルでもあります。

ベルト統一問題で揺れる新日本プロレス。

しかし、その渦中で議論しているレスラーたちが本当の主役なのかはわかりません。

「過去は大事だよ、でもいつまでもそこには居れないよね」

もしIWGP世界ヘビーと言うベルトを本当に「世界」に持っていけるレスラーがいるのならば、その1人はオスプレイ選手なのかも知れない。

全てはニュージャパンカップの結果次第ですが、大いに期待できる充実感が今のオスプレイ選手にはあると思います。

G1当初よりも大分体を絞ったので、動きのキレも戻ってきましたよね。

 

新日本プロレスはワールドクラス

僕個人的に、今回のニュージャパンカップではオカダ選手、オスプレイ選手、鈴木選手を推していました。

オカダ選手は一回戦でまさかの敗退となり、残るはオスプレイ選手と鈴木選手。

とは言え自分の予想が当たるか当たらないか等どうでも良いくらいにニュージャパンカップでは熱い戦いが繰り広げられています。

各々のレスラーが強さを競い、その上で最高位を争う。

それがベルトへの価値へと還元される。

AEWやインパクトレスリングで新日本のレスラーが活躍し始めて来たここ最近、海外で戦うこと=「世界的」という認識もあると思います。

しかしながら、「新日本の最高位が欲しければ、新日本に来て戦え」ということもまた「世界的」なのではないでしょうか?

トーナメントの二回戦でウィル・オスプレイvsザック・セイバーjrのあのような試合を見れる団体は、世界中どこを探しても新日本プロレスにしかないでしょう。

オスプレイ選手の躍進とザック選手のリベンジに期待したいですね。

≪END≫

≫≫【ブログランキングに参加しています】クリックにて応援して頂けると嬉しいです!国内外のプロレス最新情報も読めます!

≫≫プロレス時評のTwitterはコチラ