般若プロレス時評

新日本プロレスとAEWの話題を中心にしたプロレスブログ

【続・内藤哲也杯】辻陽太は「5.5万いいね」を集めることが出来るのか?

【内藤哲也杯】辻陽太は「5.5万いいね」を集めることが出来るのか?

 

結論から書くと、是非5.5万いいねを集め、内藤選手とシングルマッチを実現して欲しい。

本来はこの一行だけで終わる内容ですが、この一行を読んでも何がなんだかよく理解できていない方のために、内藤哲也選手とのシングルマッチをめぐる「内藤哲也杯」※勝手に命名※を簡単に説明します。

辻陽太選手、本間朋晃選手、グレート・オーカーン選手。

この三人のレスラーが現在のところノー・オクパード=忙しくない内藤選手へシングルマッチを要求していた。

www.prowres-jihyo.com

ほんの少し時は流れ、現在オーカーン選手は棚橋選手を処すことにシフトチェンジし、本間選手は内藤選手にフォールをされる日々。

辻選手はシングルマッチを要求する選手としての態度を厳しく内藤選手から指摘されたものの、暫定一位は変わり無さそうです。

あとは新日本プロレスを納得させるかどうか、まさにその瀬戸際で、

というアイデアを出して来ました。

公式Twitterではこのアイデアは通らなかったので、自分のアカウントでそれを遂行する思い切りの良さ。

これこそ内藤選手の望んでいた姿なのかも知れません。

 

内藤哲也は超大手の高配当株に「変貌した」選手

辻陽太式例え

内藤さんは、株式で言ったら超大手の高配当株だ。それに対して俺は、これから値上がりが予想されるであろう、IPO(新規公開株)だ。株式会社なら、大手のところに安定を求めて行くだけじゃなくて、たまにはIPOに、勇気を持って投資してみるのも、アリなんじゃないか?

(辻陽太 新日本プロレス公式)

確かに、今の内藤選手は超大手の高配当株かも知れない。

そして、若手時代の内藤選手もまた有望なIPO(新規公開株)だったかも知れない。

しかし、「内藤哲也株」の株価の推移を見ると、有望なIPOからとんでもない下落を経験し、どの株主からも見捨てられそうになった時、自らのアイデアで一気にストップ高まで株を上げたのです。

「株を上げる」って言葉がこれほどしっくりくる例えないかも…

話を戻すと、公式云々ではなく「思っていることは口に出さないと誰にも何も伝わらない」を実践してみろ、という内藤選手からのエールではないでしょうか。

 

DESTINO

辻選手は内藤選手との関係性を特別に感じているのかも知れない。

ならば、何年か後にそれが「DESTINO=運命」だったとファンに証明してくれるはず。

コロナウイルスの影響でなかなか海外武者修行も難しい時勢ではありますが、進化を遂げる辻選手に注目したい。

「5.5万いいね」

海外ファンにめちゃくちゃプロモーションすれば、もっと多くの「いいね」を集める可能性もありそう。

≪END≫

≫≫【ブログランキングに参加しています】クリックにて応援して頂けると嬉しいです!国内外のプロレス最新情報も読めます!

≫≫プロレス時評のTwitterはコチラ