プロレス時評

新日本プロレスの話題を中心にしたプロレスブログ

【新日本プロレス】IWGPインターコンチネンタル王座に挑戦して欲しい選手は誰?

【新日本プロレス】IWGPインターコンチネンタル王座に挑戦して欲しい選手は誰?

インターコンチとはなんだったのか?

IWGPインターコンチネンタル王座(以下IC王座)と聞いて、もし関連される語句を言いなさいと言われたら、迷いなく「中邑真輔」という言葉が浮かんでくるのではないでしょうか?

勿論、内藤選手も内藤選手の流儀でIC王座を乗りこなしていましたが、内藤選手自身はIWGPヘビー級至上主義者であることは様々な発言から推測できますよね。

www.prowres-jihyo.com

 アメリカを始めとする海外マットにおいての、IWGPヘビー級王座への登龍門というのが、設立に際しての位置付け

という建前のあるベルトですが、ファン目線を持つ内藤選手は今のIC王座の在り方に疑問を持っているからこそ、その意味を会社に疑問を投げかけているのでしょう。

様々な理由や都合があれど、いちプロレスファンからすれば、

「IC王座が欲しい人が挑戦すべき」

と面う次第です。

 

IC王座は二番手のベルトには非ず

格で言えば、確かに二番手のベルトかも知れない。

しかし、大事なのはファンがその戦いをどう感じるかにもよると思います。

ベルトに序列や格があれど、試合内容やベルトに対する気持ちで評価される。

最近のNEVERの評価が高いのも、試合をしている選手たちが作り出した賜物です。

だからこそ

「俺がICで新日本プロレスを面白くする」

と前に出て来る選手が挑戦すべきです。

ですが…

今の状態でIC挑戦を選んだら、その選手に

「お前は新日本の一番(IWGPヘビー)を目指さないのか!」

という批判が出るかも知れません。

なぜなら、今はIWGPヘビーとインターコンチが同時に目の前にあるという非常に珍しいケースであり、お前はどっちを選ぶんだ?という状態でもあるからです。

一度新日本プロレスがIC王座とは何かを見直し、その上でタイトルマッチを行った方が良いのかなとも思います。

IC王座挑戦を選んで批判される選手が出たら、その選手が可哀そうな気がしますしね。

 

「ベルトさん」の素晴らしさ

ベルトが自身の気持ちを話す。

まさに超常現象ともいうべきベルトさんという存在は、ユニークさだけでは割り切れない何かががある。

無邪気なジュニアヘビーさんと、色気のあるインターコンチネンタルさん、そしてクールなIWGPヘビーさん。

なんとなくそれぞれのベルトの在り方を暗示しているような。

このベルトさんに見られるように、それぞれのレスラーがそれぞれのベルト像を持っているはずです。

「なぜ自分はIC王座を選ぶのか」

次のIC王座戦は昨今稀に見るベルトの意味を問う戦いになると思います。

 

IWGPインターコンチネンタル王座に挑戦して欲しい選手は誰?

現チャンピオンが「欲しい人間がいなければなくしても良い」的なことを発言したベルトなので、俄然注目が集まりますよね。

そこで

「一体誰にIC王座に挑戦して欲しいのか?」

というアンケートを実施しています。

いちプロレスファンの僕も、ICどうなるんだろう?と気になっていますし、ファンの方でも様々な考えがあると思います。

細々と運営しているブログなので投票してくれる方がいるだけでもありがたいですし、勿論強制でもなんでもありません。

ご興味あらば、是非。

↓タップにて応援して頂けると嬉しいです!他のブロガーさんも記事も読めます↓