プロレス時評

新日本プロレスの話題を中心にしたプロレスレビューブログです。

【元現場監督たちの参戦】YouTubeでも熱狂は生まれるのか?

元現場監督たちの参戦

アントニオ猪木、長州力、そして蝶野正洋。

新日本プロレスの現場を仕切っていた彼らは、今や三人ともYouTuberとなっています。

彼らのレスラーとしてのピーク時代をほとんど知らない世代にとっては、もはや伝説的な存在でしょう。

過去の映像は掘ればいくらでも観ることのできる時代ですが、あえて現在進行形の彼らに注目してみたい。

少し前まではさほど話題にならなかったプロレスラーとYouTubeの関係。

ここにきて獣神サンダー・ライガーや高橋ヒロム、長州力やアントニオ猪木が参戦し、徐々に盛り上がりを見せて来ました。

コロナウィルスによって大会中止や無観客試合が続く中、プロレスファンの注目が集まるであろうYouTubeというリングで、元現場監督たちは熱狂を生み出すことが出来るのでしょうか? 

YouTubeでも熱狂は生まれるのか?

僕は以前、プロレスラーとYouTubeの関係について

www.prowres-jihyo.com

という記事を書きました。WWEで活躍するASUKA(華名)や船木誠勝を中心に書いた記事です。※お時間のある時にでも読んでいただければ※

ASUKAに関してはWWEのスーパースターというよりは、あえてそれを前面に出さず動画を作っています。内容もレスラーというよりは一人の女性の日常という印象が強い。WWEという名前を出さなくとも、ASUKA=華名という存在自体で影響力を得れるという証明にもなっていますよね。チャンネル名も『KanaChanTV』ですし。

一方船木誠勝の方は、レスラーとのエピソードなどを淡々と話していく動画のスタイルでです。無駄な演出などいっさいなく、純粋に話をじっくり聞きたいプロレスファンにとってはピッタリのコンテンツでしょう。

そして元現場監督たち。

アントニオ猪木のチャンネルはその撮影のスタイルは違えど、船木誠勝の動画に近い感じがしますよ。酸いも甘いも経て、じっくり語る感じが良い。

逆に長州力や蝶野正洋は”YouTuberっぽい”感じがしますよね。コラボで動画を浸透させ、徐々にオリジナルのコンテンツに移行していく流れでしょうか。

僕はこの三人の中でも、特に蝶野正洋に注目しています。

現在新日本プロレスで圧倒的な人気を誇るロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンを語る際に、その比較対象としてあがることの多い、nWo JAPAN。そのnWo JAPANの中心として辣腕をふるっていた彼が、YouTubeではどんな「仕掛け」をしてくるのかも興味深い。

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに夢中になっている蝶野正洋を知らない世代にとって、制御不能のカリスマ・内藤哲也以上のムーブメントを起こした黒のカリスマ・蝶野正洋の存在をチェックしてみることも、プロレスをより楽しむエッセンスになることでしょう。