【WWE】ASUKAのKanaChanTVからプロレスラーのYouTube参戦を考える

 

 

f:id:desfleurs:20200313225041p:plain

ご存じWWEスーパースターASUKA。

日本で活躍していた頃からセルフブランディングに長けていた彼女は、WWEのリング上でも関西弁で相手をまくしたてるというオリジナリティを披露しています。

それがありのままのASUKAか否かはファンが知る術はありませんが、妙なギミックを押し付けられている感じはしません。

或いは「どう表現すればどう受け止めらるか」という彼女なりの表現方法が、WWEやユニバース(ファン)に受け入れられたのでしょう。

NXTで王者になり、昇格しても無双をし続け、ロイヤルランブル優勝、WWEスマックダウン女子王座獲得、WWE女子タッグ王座も獲得と既に得られるだけの勲章は得たASUKA。

しかし、彼女のYouTubeチャンネル『KanaChanTV』を見ると、華々しいリング上では見られない”孤独”のようなものも垣間見れ、同時にそれでもやっていくんだという強い意志も感じられます。

この記事ではプロレスラーとYouTubeについて考えてみたいと思います。

 

 

プロレスラーのYouTube参戦について考える

ASUKAとKANA、二つの顔

WWEではASUKA、日本では華名というリングネーム。

長期的な視野で動画を運営するのならば、ASUKAよりもKANAで運営した方が良いことは明確です。

盤石の活躍ぶりを見せる彼女が今すぐリリースされたり退団することは考えられませんが、もしWWEを離れた時に、チャンネルの継続を考えるとKANAの方が利点があるでしょう。

動画の内容も妙に海外仕様にするわけではなく、日本食や日本文化を楽しんだり、ゲーム配信など、WWEスーパースターという知名度がありつつも、うまくそこから距離を置いている内容が多く、そこもまたうまい。

結論からいうと、WWEスーパースターASUKAというよりも、一人の女性KANAを見せるという印象。

読者の皆様は、かつてケニー・オメガ「日本のレスラーは楽をしている」というようなことを言ったのを覚えていますか? 

「は?」

或いは

「ケニーの例のやつまた始まったよ…」

とちょっとした怒りと落胆を覚えたファンの方もいるかも知れません(私はあの発言もケニーの”プロレス”として見てましたけど)。

ですが、このKanaChanTVを見ていると「WWEって大変だなぁ…」と思うこともしばしば。移動距離の長さや、自分で運転するという負担。

何時間も運転して試合をしてまた何時間も運転して帰ってくる…。

WWEの女子部門でトップを取ったASUKAが…。

しかし動画では明るい表情を崩さす、食べものをパクパクしてる…。

まさにプロですね。

志(こころざし)という言葉をいちファンである私が簡単に使うことははばかれますが、強い志がなければ出来ないことでしょう。

リング上での華やかなASUKAの影に、アメリカで生き抜くKANAがいる。

この『KanaChanTV』はプロレスラーとYouTubeの素晴らしいモデルケースの一つでしょう。

では、日本ではどうか?

 

 

『Masakatsu Funaki船木誠勝の成功

再生数や知名度を大手ユーチューバーと比べるという無謀なことを抜きにすれば、船木誠勝のユーチューブチャンネル『Masakatsu Funaki』は成功と言えるのではないでしょうか?

まず、動画に「型」があるので視聴しやすい。基本的に船木誠勝が〇〇について語る、というスタイルなので

今回は何を語るのか

前回は何を語ったのか

次回は何を語るのか

というシンプルなユーザビリティがある。上記のようなシンプルな思考(選択肢)で動画に向かい合えるのが良い。そりゃポチポチといろんな関連動画見ちゃいますよね。

莫大な登録人数や再生数がある動画ではありませんが、2020年3月16日時点で230本の動画、約930000再生、平均約40300再生はプロレスファンの規模とニーズに合っている証拠ではないでしょうか?

過度なリアクションや遠回しな表現、比喩などなく、船木さんが淡々と語ってくれることが良いですよね。

やはりプロレス界での長いキャリアと、「これを話しても大丈夫」という業界的な信頼がなければ成り立たないチャンネルであり、キャリアの浅い若いレスラーにはとうてい作れない動画です。

これもプロレスラーとYouTubeの一つのモデルケースでしょう。

では、高橋ヒロムの場合はどうか?

 

 

 

期待される高橋ヒロムYouTube参戦

本当に参戦するのか、いつからなのか。

今のところ謎に包まれている高橋ヒロムYouTube参戦へのストーリーですが、私は2つの点で楽しみにしています。

1.高橋ヒロムではなく高橋広夢として参戦するのか

2.プロレス特化型なのか

この2点です。

現在芸能界は「困ったらYouTube」的な流れがありますよね?要するに稼ぐ場をYouTubeに求める、ということです。

プロレスラーと芸能人を比べることは安易に出来ませんが、いわばエンターテイメントという枠の中では同列の存在です。

いち個人事業主としての事業の中に、居酒屋、バー、飲食プロデュース、ジムのパーソナルトレーナー、俳優、そしてYouTubeと、何を選ぶかはその人の自由。

プロレスラー高橋ヒロムとしてではなく高橋広夢としてYouTubeに参戦するのか、或いはあくまでもプロレスに特化した高橋ヒロムとして参戦するのかが注目です。

『【BAN注意】闇の王のルーティーン動画【隠し撮り】』

とか

鷹木信悟にため口で話してみた』

とか見たい…。

 

 

プロレスラーのYouTube参戦には賛成

プロレスはセカンドキャリアが難しいジャンルとも言われます。

自分の名前を貸して事業を任せるということが出来るのは、知名度の高いレスラーのみであり、それでも成功はなかなか難しい。そして時に知名度を「食い物」にされてしまうことも…。

現役プロレスラーとしてのブランディングの一環としてYouTubeを使うことも良いでしょうし、そこで一定の成果をあげればセカンドキャリアにもなりつつある。

団体によっては炎上や思わぬ方向への飛び火などを避け自由にYouTubeを開設させないという戦略もあるでしょうが、やはりプロレスラーはいち個人事業主です。

様々なレスラーの顔が見れるYouTube参戦に私は賛成です。

個人的願望を言うのならば、負の側面というかダークサイドというか、そういった生々しいリアリティのある面も見たいですね。

 


プロレスランキング

 

 
スポンサーリンク