【次のパレハは誰?】まさかの”ウルトラC”もあり得るのか【ロス・インゴベルナブレス】

次のパレハは誰?

「ただ、こっちが声をかけといてアレですけど、最初は断られるんじゃないかなって思ってました。」(引用:新日本プロレススマホサイト)

新日本プロレスのスマホサイトにて、鷹木信悟をロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンへ勧誘した時の心境を語った内藤哲也。彼にとってアニマル浜口道場時代の「目の上のたんこぶ」的な存在だった鷹木信悟との”運命”とも言える合流を成功させ、人気ユニットの勢いはさらに加速しました。

内藤哲也自身も少数精鋭を公言しており、まるで早送りの映像を見ているかのような連携技についていくには、パレハになるレスラーにはそれなりのハードルが求められるでしょう。そして、自分(内藤)よりも年下(同い年はギリ?)でなければいけないという条件もある。

しかし、プロレスは

never say never

の世界でもあります。

今後彼らに新しいパレハが加わらないとも言い切れない。そして、昨今の新日本プロレス、或いはブシロード体制という視点で考えると、”ウルトラC”もあり得るかも知れない。

それは、女性レスラーのロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン入りです。

ウルトラC

ラ・ソンブラ無きあと本家の中心的な役割を担っていたルーシュは、CMLLを退団しました。

「インゴブレナブレス=制御不能」

的な名残を残しつつROHやAAAにて新ユニットを発足(或いは派生)させていますが、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンとの絡みはほぼありません。

CMLLとの政治的な関係がそのような状況を招いているかは不明ですが、我々ファンが見える部分ではルーシュと内藤の交信は見られない。

話しを戻しましょう。

ブシロードによるスターダム買収劇があった昨年。その会見で木谷オーナーは新日本プロレスにスターダムが「すぐあがることはない」と言っていました。

言い換えれば、「すぐに」ということは「いつか」はあがる可能性があるということ。女子単体のシングルマッチを新日本プロレスに組み込むのか、あるいはミクスドマッチという形で実現するのか。或いはWWEやAEWや国内他団体のように女子自体を新日本プロレスに組み込んだ上での新たな新日本プロレスとなるのか?

繰り返しになりますが、私の言う”ウルトラC”とは、ユニットの中に新たに女性レスラーが加わるというもの。これはロスインゴだけに関わらず、新日本プロレスの様々なユニットで考えられる案です。

しかし、そこには新日本プロレスのスタイルがもたらす難しいバランスが存在します。

”新日本プロレス”というプロレス

キングオブスポーツ

WWEのソープオペラと対極をなすといっても過言ではない新日本プロレスのストロングスタイル。

WWE=ワールドレスリングエンターテイメント
新日本プロレス=キングオブスポーツ

新日本プロレスの激しいプロレススタイルは海外戦略において重要な鍵となっています。

この「キングオブスポーツ」或いは「ストロングスタイル」の部分において、男女が同じリングで試合をするということはそもそも難しいのではないか?と考えてしまう私。

プロレスから視野を大きく広げてみると、やはり世の中はジェンダーレス化が進んでいます。そして、多様性=Diversityを受け入れていく社会とも言えるでしょう。

そういった社会的な背景をふまえると、男女が同じリングにたってもなんらおかしくはないですし、そういった団体も既に存在します。しかし「スポーツ」の部分が入ってくるとバランスがとりにくい。

私は女性プロレスラーにフォールをされる男性プロレスラーがいてもなんら不思議ではないと思っています。例えば里村明衣子のプロレスの「凄さ」に男女とか関係あるの?と思ってみたり。

一方では「男が女に負ける?それはあり得ない!」という考えの方もいるでしょう。

これらは考え方の違いであり、そのどちらにも良い悪いはありません。

ですが、新日本プロレスの今現在のスタイルに重きを置くのならば、ミクスドマッチという形式は難しいのかも知れませんね。

では、ユニットに女性レスラーが加入することは実現不可能なのか?

紫雷イオ、林下詩美

かつて雑誌での内藤哲也との対談で「やんわりと」ロスインゴ加入を断られた観のある紫雷イオ。その立ち位置や格からいってもロスインゴに相応しい女性レスラーだなと私は思っていましたし、今現在でも加入するなら女性レスラーの中では筆頭株です(NXTにいるので無理ですが)。

そして林下詩美。彼女自身がロスインゴ(もしくは内藤?)のファンであり、こちらは内藤哲也からユニット入りを「否定されなかった」経緯があります。

『じゃあ、LIJの新パレハ候補にするよ』(引用:東スポ)

内藤哲也なりの「リップサービス」ととらえるのか、或いはロスインゴの「その先」を匂わせる何かなのか、全ては内藤哲也の手のひらの上。

そして「お客様を楽しませる」という視点から、内藤哲也が一歩踏み出す可能性もある。

新日本プロレスのスタイル的にやや難しさのある女性レスラーのユニット加入ですが、果たして新たなパレハとしてロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに女性レスラーが加入する日は来るのでしょうか?

▼Twitterのフォローはこちら。記事更新のツイートがメインです。
 

▼はてなブログの読者登録はこちら。