般若プロレス時評

新日本プロレスとAEWの話題を中心にしたプロレスブログ

【SANAやんとTAMAちゃん】イケメン対決はSANADAに軍配があがるも・・・

【SANAやんとTAMAちゃん】イケメン対決はSANADAに軍配

シングルプレーヤーとしての勲章は何?

新日本プロレスで言えば、IWGP世界ヘビー級王座がそれに該当するでしょう。

タッグ戦線では活躍しつつも、シングルでの結果がなかなか出ないSANADA選手とタマ選手。

顔が良くても、運動能力が良くても、身体が良くても、それだけでは王者になれないプロレスの難しさ。

昨日の試合はSANADA選手が勝利しましたが、気持ちの部分ではタマ選手の方が上回って見えたのは僕だけでしょうか?

 

クールなSANADA

昨年度G1クライマックスファイナリスト

「二位じゃ駄目なんですか?」

かつて物議を醸しだしたある政治家さんのこの言葉。

「二位でもよく頑張ったよ、良いじゃん」

一般国民からするとそんな優しい返し言葉も出てきますよね。

しかしプロレスではどうか?SANADA選手が昨年のG1準優勝のインパクトってどれほどファンの記憶に残っているのだろうか?

G1で決勝まで行っても、結局記憶に残るのは優勝者なんです。

ケニー・オメガの「ソッチ行かない!」発言の時の相手覚えてます?後藤選手ですよ。

となると、レスラーの実績は常にアピールしないとファンの記憶には残らないのです。

しつこいほど自分の実績を言いまくるジェイ選手といかないまでも、クールなSANADA選手にもアピールが欲しいところ。

というのが僕の願望です。このままだとキャラが濃すぎる周囲のレスラーたちに埋もれてしまうような…。

 

タマ・トンガがコスチュームを脱いだ意味

予想よりもはるかに厚みのある鍛え上げられた体を披露したタマ選手。

SANADA選手への対抗心なのか。

或いはタッグ戦線とは一味違う自分を魅せたかったのか。

僕の今までのタマ選手の印象は、シングルマッチはちょっとユーモラスな方向に傾向している感じがしました。

勝ちよりも試合を楽しむ的な。

しかし今回のタマ選手はシリアスです。

年々言動も風貌も渋くなっているからそう見えるだけかも知れませんが、SANADA選手よりもG1にかける想いが強いような気も。

新技も披露しましたしね。

ドライアイスは冷たいけど熱い。SANADA選手も内に秘めたる想いは強いでしょう。

でももっと感情をあらわに荒ぶる彼も見てみたいなと思った一戦でした。

≪END≫

≫≫【ブログランキングに参加しています】クリックにて応援して頂けると嬉しいです!国内外のプロレス最新情報も読めます!

≫≫プロレス時評のTwitterはコチラ