般若プロレス時評

新日本プロレスとAEWの話題を中心にしたプロレスブログ

【SANADAの岐路】タッグ戦線へ移行?それともシングル戦線に回帰?

【SANADAの岐路】タッグ戦線へ移行?それともシングル戦線に回帰?

結論から書きます。

「SANADA選手の本音が聞きたい」

以上。

以下の文章は上記の結論をくどくどと説明したものになります。

いちプロレスファンの微笑ましい妄想として目を通して頂ければ幸いです。

では早速書いていきましょう。

 

タッグ戦線へ移行?それともシングル戦線に回帰?

NEVER6人タッグ選手権に敗れたロスインゴ

昨日ケイオスとのNEVER6人タッグ選手権に敗れたロスインゴ。

随所に素晴らしい連携を見せたものの、ケイオス側の意地を崩すことは出来ませんでした。

やはり、YOSHI-HASHI選手の存在は大きく見えましたね。

同じ入門テストの場にいたSANADA選手と内藤選手相手に、変わった自分を見せつける結果になったのではないでしょうか。

そして、敗戦したロスインゴ・内藤選手から気になる一言が。

俺の目指してるもの、来年の東京ドーム大会のメインイベントというものに、変わりはないよ。でも、そこまでの道のりとして、タッグ、SANADAとのタッグっていうのもアリなのかな。

(内藤哲也 新日本プロレス公式)

「そこまでの道のりとして?」って何?

 

SANADAの目指すものは何?

揚げ足をとるわけではありません。

しかし、この「道のり」という言葉が気になる。

メインまでの道のりはタッグで乗り切るということなのか?

メインもタッグで出るということなのか?

もっとも大事なのは、SANADA選手としてはどうなのかです。

いや、プロレス的に考えるとシングルで鷹木選手が頑張っているだけに、内藤SANADA組になってしまうのは誰の目が見ても普通です。

ですが、SANADA選手自身の目標が何なのかを聞きたいところですよね?

 

オカダ・カズチカのライバルとして

ここ数年なかなか勝負所で勝てなかったオカダ選手も、IWGP世界ヘビー級選手権試合までたどり着きました。

ライバル認定されているSANADA選手はどうするの?

個人的な理想ではシングル戦線で進んで欲しい。

現実はタッグなのかも知れないけれど。

勿論、内藤選手とSANADA選手のタッグは身体能力のあるもの同士の華やかなタッグになることでしょう。

タッグのベルトも狙えるチームにもなり得るでしょう。

しかし、SANADA選手がどう思っているのか、本音も知りたいところです。

≪END≫

≫≫【ブログランキングに参加しています】クリックにて応援して頂けると嬉しいです!国内外のプロレス最新情報も読めます!

≫≫プロレス時評のTwitterはコチラ