般若プロレス時評

新日本プロレスとAEWの話題を中心にしたプロレスブログ

【内藤哲也とSANADAのタッグ】新たなSANADAの覚醒?それとも本来の魅力?

【内藤哲也とSANADAのタッグ】新たなSANADAの覚醒?それとも本来の魅力?

一年前、いや数ヶ月前まで誰しも予想がつかなかったであろう内藤哲也選手とSANADA選手のタッグ戦線入り。

プロレスとは何が起こるのか分からないゆえ、楽しいジャンルでもある。

内藤鷹木組はあっても、内藤SANADA組は実現しないのでは、と思っていましたが、まさかまさかで実現しています。

客観的に見ると、トップ選手同士のタッグであり、お互いに運動能力も高い素晴らしいタッグです。

でも、もっとも気になるのはSANADA選手の変化です。

このタッグストーリーを駆け抜けた先に、何か大きなものが待っているのかも知れません。

 

新たなSANADAの覚醒?それとも本来の魅力?

お茶目

硬派なプロレススタイル、クールでエレガンスな立ち振る舞い。

レスラーとして唯一無二のスタイルを確立していながらも、なんとなくそれに縛られている印象のあったSANADA選手。

時折日記やTwitterで見せるお茶目な一面を見るかぎり、「冗談の通じない人」ではないことは分かっています。

しかし、プロレスとは個々人のアピールの世界でもある。

現に今のIWGP世界ヘビー級王者はアピールの達人でもある鷹木選手です。

団体をけん引していくためには、クールでエレガンスにプラスアルファで何かが必用なのかも知れません。

今回のタッグ戦線をきっかけに、徐々にSANADA選手は変わりつつありますよね。

或いは…

 

内藤哲也なりの振る舞い?

EVIL選手がロスインゴ時代、口数の少ないタッグチーム「イビサナ」として活躍していたSANADA選手。

しかし今は全く真逆の性格を持つ内藤選手とのタッグです。

ユニークな方法でタイチ&ザックを挑発する内藤選手ですが、SANADA選手もまんざらではない様子。

あえて強引な方法でSANADA選手の内なるものを内藤さんが引き出しているようにも見えますよね。

「思っていることは口に出さないと誰にも何も伝わらない」

内藤選手のモットーですが、SANADA選手にこそ実践して欲しいことなのかも知れません。

内藤、鷹木、そして元ロスインゴのEVIL。

皆団体のトップのベルトを巻き、取り残された感のあるSANADA選手。

トップのベルトに対しもっともジェラシーを感じているのはSANADA選手ではないか。

これからもっと進化していくであろうSANADA選手の活躍に注目ですね。

≪END≫

≫≫【ブログランキングに参加しています】クリックにて応援して頂けると嬉しいです!国内外のプロレス最新情報も読めます!

≫≫プロレス時評のTwitterはコチラ