般若プロレス時評

新日本プロレスとAEWの話題を中心にしたプロレスブログ

【サモア・ジョーがWWEに復帰?】なんでもありなようで、そうにはならない世界

【サモア・ジョーがWWEに復帰?】なんでもありなようで、そうにはならない世界

WWEを退団したはずのサモア・ジョー選手が、WWE、正確にはNXTに復帰しました。

個人的な率直な感想は「そうなるよね」というものです。

いや、僕は前々からジョー選手がWWEに戻るとは思っていたわけではありません。

www.prowres-jihyo.com

こんな記事も書いてたほどですからね。

でも、結局はWWEへ。

やはりWWEの政治力は半端ではない、ということが証明されましたね。

WWEやめたった→戻ったった

この件についての僕なりの考察をしてみたいと思います。 

 

なんでもありなようで、そうにはならない世界

インパクト・レスリングへの復帰は無し?

インパクトレスリングの最大の興行、スラミーバーサリー。

今回のスラミーバーサリーのちょっとしたイントロダクション的映像に、サモア・ジョー選手の姿が映っていました。

「これは復帰か」

と思ったファンも多いでしょう。

その映像には新日本プロレスのオカダ選手や内藤選手も映っており、今回のスラミーバーサリーは世界的が大きく揺らぐほどのビックイベントになる予感もしました。

がしかし、サモア・ジョー選手はWWEに復帰しました。

WWE退団時の上記のツイートでは、ジムキャリーの映画『トゥルーマンショー』の一シーンを抜いてその心境をアピールしたジョー選手。

「WWEからやっと自由になれる!」

本人はそう思ったことでしょう。でも、復帰。

やっぱりプロレス界って、 なんでもありなようで、そうにはならない世界なのかも知れません。

 

プロレスバブルではない

AEWの台頭は、良くも悪くもプロレス界に大きな影響を与えたと思う。

WWEをやめても、AEWがある。

これはまやかしです。

AEWは巨額の資金力を持つオーナーがいるからこそバブリーなだけであって、プロレス界自体が盛り上がっているかと言えば、そうではないでしょう。

現に、ROHのルーシュ選手が主導するフェデラシオン・レスリングも、チケットがさばけず興行が延期になったというニュースもあるほどです。

アンドラーデ選手やペンタ選手など人気選手を集めても、チケットが売れない。

チケット代自体が高額だったという懸念もあれど、フェデラシオン・レスリング自体に対するプロレスファンの期待感もあまりなかったのかも知れません。

 

協業は慎重に

こういった状況だからこそ、新日本プロレスは頼もしい。

だって、団体の軸がしっかりした上で、選手を海外に派遣しているから。

WWEがキーマンとなった今回のサモア・ジョー選手のリターン劇は、今後も同様のことが続きそうな予感がします。

一旦WWEをリリースして、世間の需要がありそうならまたWWEに戻す。

義理人情の国日本では考えられないことですが、アメリカは契約社会なのでこういうところはハッキリしてますよね。

アメリカの団体間のいらぬ政治的な問題に新日本プロレスが噛ませ犬にならないことを祈りたい。

大張社長なら大丈夫でしょう。

≪END≫

≫≫【ブログランキングに参加しています】クリックにて応援して頂けると嬉しいです!国内外のプロレス最新情報も読めます!

≫≫プロレス時評のTwitterはコチラ