般若プロレス時評

新日本プロレスとAEWの話題を中心にしたプロレスブログ

【内藤チャン?】初戦はザックのテクニックに完敗

【内藤チャン?】初戦はザックのテクニックに完敗

いよいよ開幕したG1クライマックス。

裕二郎選手が飯伏選手に勝利し、一筋縄ではいかないG1を予感させる幕開けになりました。

その裕二郎選手がもっとも対戦を渇望する相手、内藤選手。

東京ドームのメインベントを目指す内藤選手にとってはこのG1を征するのは必須項目です。

しかし、ザック選手の前に敗戦。

内藤選手の力及ばずというよりも、ザック選手が上手かったと言った方が正確かも知れません。

 

逆転の内藤哲也

トランキーロなのはどっち?

G1始まってすぐ「逆転の内藤哲也や!」と言うのはちょっと寂しい気もする。

やはり初戦は勝利で飾りたかったはず。

セニョール・ナイトー、いま“トランキーロ”なのはどっちだ? どっちなんだよ? 俺じゃないぞ! ゲンキダヨ! 初日から燃えてる。どうせ俺を優勝候補に予想してるヤツは一人もいないんだろ? 過去の成績もたいしたことないしな。でも『G1』開幕前にタッグ王座を奪還できたから、今はシングル戦線だけに全神経を注げるってことを忘れるな。参加できればそれだけで満足してるようなレスラーもいるかもしれないが、俺は違うぞ。

プロレスラーとしてシングルの実績は欠かせない。

しかし、ジェイ選手、オスプレイ選手に先をいかれた感じのするザック選手。

タッグ戦線にいながらも「焦り」はあるのかも知れません。

いわばG1にかける気合が違う。

いま“トランキーロ”なのはどっちだ? どっちなんだよ?

ザック選手の焦りが良い意味で力となり、結果的に内藤選手を焦らせてしまったのかも知れません。

 

飯伏、鷹木、石井、そして裕二郎

待ち受けるのは強者ばかりのAブロック。

内藤選手にとって厳しい戦いばかりです。

しかし、最高の難敵は裕二郎選手かもしれません。

飯伏選手に新技で勝利、ピーターさんも復活した裕二郎選手。

内藤選手とは対照的なスタートを切りました。

2人の試合はファンにとってメモリアルなものになるかも知れませんが、「拷問の館」のメンバーが何かを仕掛けてくるかも知れません。

優勝が必須項目の内藤チャン。

次のロア戦は勝たなくてはいけませんね。

≪END≫

≫≫【ブログランキングに参加しています】クリックにて応援して頂けると嬉しいです!国内外のプロレス最新情報も読めます!

≫≫プロレス時評のTwitterはコチラ