般若プロレス時評

新日本プロレスとAEWの話題を中心にしたプロレスブログ

【マスター・ワト】もう遠慮は要らない

【マスター・ワト】もう序列は要らない

マスター・ワト選手を応援したい。

Way to the GrandMaster

グランドマスターへの道。

凱旋帰国後この異名でプロレスをスタートしたということは、僕たちファンがみているワト選手のプロレスはグランドマスターへの道のりです。

しかし、何を持ってグランドマスターになるのか?その部分は不明です。

シングルのベルトを獲った時?

レスラーとして極みに達した時?

気になるところです。

僕はこう思います。もう遠慮はいらない、序列も要らない。

好き勝手してみては?と。

 

近くて遠い、遠くて近いグランドマスターへの道

マーベラスの響という天才

新日本プロレスからガラっと変わりますが、マーベラスの話をさせて下さい。

現在お世話がせレスラーとして界隈を騒がせているレスラー、響選手。

その炎上的なやり方は多くの賛否を巻き起こしています。

プロレスの叙事のようなものを大切にしている方にとって、彼女の手法は良しと出来ないかも知れません。

しかし、いちレスラーとしてのアピール、存在感の見せ方としては、素晴らしいし、時代に沿った最先端のやり方だと僕は思っています。

何が言いたいのかというと、大きくはみ出さないと誰の印象にも残らないのです。

 

謙虚さと素直さ

自分が凱旋してから支えてくれたという姿だけじゃなく、天山さん自身、レスラーとして終わってないんだなって。天山さんも、自分の先をまだまだ考えてるんじゃないですかね。それを見せられると、自分も負けてられないなと思うので。第三世代の底力を感じてます。自分自身、もっと頑張らなくちゃいけないっていう気にさせてくれるので、それに負けない本隊の新日ジュニアとして、自分も熱いものを見せられたらなと。天山さんの背中を見て頑張っていきたいなと思います

(マスター・ワト 新日本プロレス公式)

実に謙虚で素直です。

凱旋帰国して早々ワト選手のバックアップに回った天山選手。

そんな天山選手の背中を見て頑張りたい。

素晴らしい。

でも、ワト選手が一皮剥けるためには、「天山選手の背中」を見るのではなく超えなくてはいけないのではないでしょうか。

ルックス、運動能力に恵まれ、ジュニア戦士の中では体が大きい部類に入るワト選手。

素材は抜群なだけに、そこから突き抜ける何かが必用なのかも知れません。

 

もう遠慮も序列も要らない

とまぁ自由に書いてきましたが、もろもろの理由があるのは分かります。

団体の秩序もあるでしょうし、先輩後輩の上下関係もあるでしょう。

いちファンがあれこれ言ったところで、何かが変わるわけではない。

がしかし、ワト選手には枠に収まらない何かが欲しいところです。

逆に吹っ切れる何かがあれば、大爆発する選手ではないでしょうか?

ヒーロー然としたワト選手もカッコいいですが、ヒールのワト選手も見てみたい気もします。

≪END≫

≫≫【ブログランキングに参加しています】クリックにて応援して頂けると嬉しいです!国内外のプロレス最新情報も読めます!

≫≫プロレス時評のTwitterはコチラ