プロレス時評

新日本プロレスの話題を中心にしたプロレスブログ

SANADAの怒りを引き出したEVILと、涙を引き出したオカダ・カズチカ

キレたSANADAと呼応するEVIL

SANADAの怒りを引き出したEVILと、涙を引き出したオカダ・カズチカ

 

エレガントにキレたSANADA

12月11日の新日本プロレス日本武道館大会。

高橋ヒロムとエル・デスペラードの感動的な一戦に匹敵するほどのインパクトがあったのは、SANADA選手がキレた瞬間でしょう。

怒り心頭の表情を押し出すわけではなく、攻撃によって怒りを表現するSANADA選手。

本人がモットーとするような「エレガントさ」を感じるキレっぷりでしたが、心中穏やかではない雰囲気が伝わってきましたよね。

普段「頭から落とすだけがプロレスではない」と豪語する彼が、相手選手の頭部にナックルと落とす珍しさ。

なぜSANADA選手はあれほどの怒りをEVIL選手に持っていたのでしょうか?

 

新世代の出世争いに出遅れたSANADA

オカダ・カズチカを筆頭に、EVIL、ザック、SANADAといった同世代の戦い。

そしてその下にはジェイ・ホワイトやウィル・オスプレイといった「年下の格上」もいます。

SANADA選手は他団体を含むキャリア的にみればもっともエリートですが、新日本プロレスのシングルの栄誉は何も手にしていません。

オカダ選手のライバル、G1準優勝。

そういったふんわりとした肩書があっても、なかなか実績と認められないのが現状です。

一年前はタッグ戦線でともに活躍していたEVIL。

SANADA選手とは違い決してエリート街道を歩んできたわけではない彼が、今年はニュージャパンカップを制し、二冠を含む「三冠」を成し遂げました。

ライバルのオカダ選手はオスプレイ、ザックはタッグ王者…

同ユニットの内藤選手は押しも押されぬ二冠王であり、鷹木選手はNEVER無差別級王者…。

フラストレーションが貯まらないわけがないですよね。

涙を引き出したオカダ、怒りを引き出したEVIL

火が付いた新世代の主役に期待しかない

 

SANADAは光になれるのか?

www.prowres-jihyo.com

武道館大会の前日、その第三試合について上記のような記事を書きました。

第三試合はドームへの布石でしょ、という内容です。

当たる当たらないを言いたいのではなく、僕個人的にはこの二人の争いに「乗れる」んです。

オカダ選手とSANADA選手は同志のような印象があり、そこにドロドロとしたものはない。

昨年10月のオカダ戦で流した涙は、悔しい感情と同様に清々しさもあった。

しかし、EVIL選手とSANADA選手の間には得体の知れない愛憎のようなものを感じるからこそ、この二人の争いに「乗れる」んです。

EVIL選手が影ならば、SANADA選手は光です。

デスペラード選手の言葉ではありませんが、光が強まるほど影は濃くなるものです。

昨日見せた怒りの感情=頭部への執拗なナックルは、SANADA選手が光輝く前兆なのかも知れません。

 

全ての怒りを東京ドームへ、そしてその先へ

退場の際、SANADA選手とEVIL選手が花道で乱闘した場面。

EVIL選手は途中から張り手でペチペチとSANADA選手を挑発しました。

僕は大げさなエルボーなどよりも、このSANADA選手の気持ちを逆上させるような張り手に「流石EVIL」と感じた次第です。

或いはEVIL選手はそんなSANADA選手を見たかったのかも知れない…。

プロレスとは、どこからがエンターテイメントでどこからが生の感情なのか、いい意味で曖昧なジャンルです。

すべてが演出と言われれば、そうとることも可能でしょう。

しかしながら、SANADA選手とEVIL選手の生み出すこの愛憎は、プロレスがなんたらという建前を超え、見る者をゾクゾクさせる何かがある。

感情の導火線に火がともり、ようやく一歩踏み出したSANADA選手。

その感情はいずれ対峙するであろうライバル、オカダ選手へと繋がっていくことでしょう。

EVIL、SANADA、オカダ・カズチカ。

今後もこの同世代のレスラーたちから目が離せません。

≪END≫

≫≫【ブログランキングに参加しています】クリックにて応援して頂けると嬉しいです!他のプロレスブロガーさんの最新記事も読めます!

≫≫プロレス時評のTwitterはコチラ