般若プロレス時評

新日本プロレスとAEWの話題を中心にしたプロレスブログ

【新日本プロレス】木梨憲武が「レッスルキングダム15」のテーマソング&特別プロモーターに就任

新日本プロレスと木梨憲武のシナジーは生まれるのか?

【新日本プロレス】木梨憲武がドン・キナシとして「レッスルキングダム15」のテーマ曲を担当

 

『生きてるうちが花なんだぜ feat. 宇崎竜童、佐藤浩市』がテーマソングに決定

コロナウィルス下にあって、苦しい状況が続くライブエンターテイメント業界。

プロレスも有観客試合を開催してはいるものの、依然厳しい状態が続いています。

しかしここに来て明るいニュースが舞い込んできました。

タレントの木梨憲武氏がドン・キナシとして新日本プロレスの東京ドーム興行「レッスルキングダム15」のテーマソングを担当し、特別プロモーターにも就任しました。

常に対世間をかかげてきたプロレスというジャンルに国民的タレントが加わるという非常に刺激的なニュースです。

※ちなみに昨年はTUBEのギタリスト・春畑道哉さん書き下ろし『Kingdom of the Heavens』でした※

木梨憲武という存在だけでもまばゆい光を放っていますが、なんといってもテーマソングの歌詞が良い。

 

人間の喜怒哀楽とプロレスの根底にあるもの

歌詞はこちらの動画をご覧下さい。2分32秒からが歌詞です。

www.youtube.com

『生きてるうちが花なんだぜ』という曲名にもある通り、人間の喜怒哀楽をストレートに歌詞へと込めたこの歌。

「プロレスを見て元気になりましょう」

と木梨氏が動画の中で言ったとおり、コロナ下で沈んだ世間にプロレスを通じて勇気を与えたいという強いメッセージが伝わってきます。

曲自体もどちらかというと邦楽寄りで少し歌謡曲のような雰囲気も。

近年新日本プロレスの興行に多かった「今風」な雰囲気とは一気にイメージがかわってかなり新鮮です。

テーマ曲も含め一流のエンターテイナーとしてドン・キナシがどんなプロモーションをしていくのかプロレスファンとして非常に楽しみです。

プロレスから遠のいていたファン、プロレスに興味のない人たちにも振り向いてもらえる「プロレス界」としても喜ばしいニュースなのではないでしょうか?

≪END≫

新日本プロレス関連の記事はこちら
AEW関連の記事はこちら
コラムはこちら
Twitterのフォローはこちら

↓タップにて応援して頂けると嬉しいです!他のブロガーさんも記事も読めます↓