般若プロレス時評

新日本プロレスとAEWの話題を中心にしたプロレスブログ

【闘魂ショップ】プロレスグッズと実用性を考える【新日本プロレス】

私生活でプロレスグッズを着てますか?

【闘魂ショップ】プロレスグッズの多様性と実用性を考える【新日本プロレス】

 

進化するプロレスグッズ

プロレスグッズの代表格と言えばTシャツです。

次から次へとリリースされるTシャツは、過去を振り返るアーカイブにもなる。

「あの選手はこの時はまだあのユニットだったんだ」

「あの選手も新日本に居たんだなぁ」

といったように。

現在は頭の先からつま先まで全てプロレスグッズで揃えられる時代。

ボクサーパンツもあれば、文房具、ケーキやノレンまで揃っています。

ここでふと思ったのが、プロレスファンの皆さんは私生活でもプロレスグッズを着ているのかな?ということです。

 

プロレスグッズは世界観を作る大事なアイテムではあれど…

お気に入りの選手のグッズをまとい、会場で応援する。

或いは画面の前で応援する。

プロレスグッズは自らもプロレスの世界観に入り込める大事なアイテムです。

しかしながら、私生活でプロレスグッズを着ている方は、あまり見かけない。

  • 私生活と趣味は別
  • 会場ではOKだけどそれ以外だとちょっと抵抗がある
  • デザインが派手なので私生活ではちょっと

などなど様々な理由があるでしょう。

勿論私生活でガンガンプロレスグッズを着てる方もいるでしょうし、良い悪いの問題ではありません。

個人的にはもっとシンプルなデザインのものがあっても良いのかな、とも思います。

 

ロスインゴグッズがバカ売れする理由

新日本プロレスでも圧倒的な人気を誇るユニット、ロスインゴベルナブレスデハポン。

グッズもバカ売れのその理由は、内藤選手のかっこ良さを筆頭にユニットメンバーの魅力もあれど、パっと見で

Los Ingobernablesって何語なのかどんな意味かわからない

というものが大きいのではないでしょうか。

スペイン語で制御不能という意味だなんて、スペイン語圏の人かプロレスファンじゃないとわかりませんよね?

実際街中で着ている人が多いのはロスインゴのグッズでした。

プロレスファンの「このユニットが好きだ!」という自己顕示欲を満たし、さらにファッション的な観点からの「良い意味でプロレスグッズと分からない」という実用性も兼ね備えたデザインがバカ売れの理由にもなったのではないでしょうか。

では他のユニットでは無理なのか?

 

小さなワンポイントでも嬉しい

例えば、胸元に小さなワンポイントでも嬉しい。

Tシャツやパーカーなど、さりげないデザインのものがあれば、実用性も兼ね備えるのかなと。

折角グッズを買うんだから、その選手やユニットがデーン!とプリントされたデザインのものの方が需要があるのは間違いない。

しかし中にはプロレスが好きでグッズも欲しいけれど、もう少し控えめなデザインだったら着れるのになぁと思う人もいるかも知れない…。

この記事は個人的な主観で書いているので、デカロゴが悪いとか派手なデザインが悪いとかそういう趣旨の記事ではありません。

少数派かも知れませんが、さりげないデザインのグッズがあればいいなぁとも思う今日この頃です。

≪END≫

新日本プロレス関連の記事はこちら
AEW関連の記事はこちら
コラムはこちら
Twitterのフォローはこちら

↓タップにて応援して頂けると嬉しいです!他のブロガーさんも記事も読めます↓