プロレス時評

新日本プロレスの話題を中心にしたプロレスブログ

【新日本プロレス】オカダ・カズチカが作る最高の世界観

オカダ・カズチカが作る世界観

あらゆる不安を吹き飛ばすオカダ・カズチカの世界観

まず、YOSHI-HASHI選手初戴冠おめでとうございます。

石井選手が

ここに来るまでさんざん、レスラー、マスコミ、ファンにいろいろ言われてきただろ? でも、本人はよ、着実に一歩ずつ一歩ずつ、ゆっくりだけど着実に前を向いて歩いていた。その証だよ。いいんだよ。何言われようが、何を思われようが、何年かかろうが辿り着きゃいいんだよ。
引用:新日本プロレス公式

と言っていたように、ベルト戴冠の有無といったことから、外野からのそういった言動が多かったのは事実でしょう。

僕自身もこのブログでYOSHI-HASHI選手についてあれこれ書いています(IWGPに挑戦して欲しいとかオーカーンと戦って欲しいとか)。

しかし、今回の戴冠をきっかけに、ベルトを戴冠するしないという話題から、これからどうしていくのか、という部分にファンの話題も切り替わっていき、さらなる「いろんな声」と戦わなくてはいけません。

これまた石井選手の

これからよ、今までいろいろ言ってきた野郎共をよ、黙らせるぐらいの試合をすればいいんだよ。なあ、YOSHI-HASHI?
引用:新日本プロレス公式

という言葉通り、「黙らせるぐらいの試合」というハードルを迎えることになります。

今後YOSHI-HASHI選手がベルトとともにどういうプロレスを見せてくれるのか楽しみです。

さて、この記事ではオカダ選手に触れたいなと思っています。

彼が作る世界観について、です。

 

飯伏幸太と棚橋弘至、EVILの乱

昨日の興行をみて

「久しぶりのハッピーエンド」

と感じた方も多いのではないでしょうか?

YOSHI-HASHI選手を中心に広がる多幸感は、お客さんがびっしり入って声も出せる状態だったのならばより盛り上がったことでしょう。

現在の新日本プロレスは、ギリギリの人数で興行を回していることは誰の目にも明らかです。

言わば選手一丸となってプロレスを作っている状態。

批判も多いEVIL選手の一連のバッドエンディングですが、あそこまで吹っ切ってやらないといけない事情も新日本プロレス的にはあったのだと思います。

そして神継承の儀を迎えた棚橋選手と飯伏選手のストーリー。

ある意味棚橋選手が今後どうなってしまうのかという伏線になっており、棚橋選手のファンじゃなくとも気になってしまう。

何かとファンの不安感を煽ってくる新日本プロレスですが、そういった中で興行に一本の筋を通しているのは、オカダ選手の存在ではないでしょうか?

 

あえて「格」を謳わないオカダ・カズチカ

オカダ・カズチカは新日本プロレスでは絶対的な存在です。

負けの許されない最強のレスラーでなければいけない存在です。

言わば別格なんですよね。

しかし、

  • 裕二郎選手を見下さず「一緒に盛り上げたい」と言い
  • NEVER6人タッグに挑戦したり
  • KOPWというあらゆる選手がチャレンジできる場を作ったり

というように、自らの格をどのように活かすべきか熟知しているレスラーです。

IWGPヘビー級王者でなくとも、王者の振る舞いができる。

最近のバッドエンドで新日本プロレスに不満になるファン、棚橋選手の先々に不安になるファンは少なくはないでしょう。

そういったファンに直接的に働きかけるというよりも、「新日本プロレスはもっと盛り上がりますよ」という大きな視点でファンの不安を払拭しにかかっているようにも見えます。

あえてベルト戦線に絡んでいかないのも、別の視点から新日本を盛り上げられるというオカダ選手の自信ではないでしょうか。

 

盤石のオカダ・カズチカに対峙出来るのは誰?

現在のオカダ選手の存在感は別次元です。

僕はオカダ選手推しでもなんでもないんですが、そんな僕でもそう感じてしまいます。

そんな今のオカダ選手には、生半可なレスラーでは対峙できないオーラがありますよね。

EVIL選手はもっと悪にならないといけないし、飯伏選手はもっとスーパーヒーローにならなくてはいけないし、内藤選手も本来の制御不能を取り戻さなくてはいけない。

ベルトを失いながらも、その世界観で新日本プロレスをけん引するオカダ選手。

KOPWで裕二郎選手とどのような戦いを見せてくれるのかにも注目です。

↓タップにて応援して頂けると嬉しいです!他のブロガーさんも記事も読めます↓