プロレス時評

新日本プロレスの話題を中心にしたプロレスブログ

【ライバル】SANADAとオカダはどうなっていくの?

【ライバル】SANADAとOKADAはどうなっていくの?

新時代のライバル関係の行く先は?

昨年2019年、新日本プロレスでは新しい「軸」が生まれました。

それが、SANADA選手とオカダ選手のライバル関係です。

プロレスファンの中では、オカダ-内藤というのがライバル関係ではないか?という見方をする方も多かったと思いますし、僕もそう思っていた一人です。

しかし、オカダ-内藤はライバル以上の存在に昇華し、新たなオカダ-SANADAという軸ができました。

ともにIWGPから距離がある中で、この二人の関係・戦いはどうなっていくのでしょうか?

 

KOPW2020での再会はある?

www.tokyo-sports.co.jp

なんとこの記事でSANADA選手は

自分の中ではライバルって感覚はひと区切りしたんです。

というコメントが。

ちょ…早くない?

と思ったのもつかの間、

普通のシングルのタイトルだったら興味は持たなかった。でも普段と違うルール、新しい可能性を秘めた舞台でオカダとぶつかれたら何か面白いのが生まれるかもとは思いました

というコメントも。

一旦ライバルという感覚を置いて、新しい舞台でオカダ選手とのシナジーを発見したいということでしょうか。

ただ、やはり元相方、EVIL選手の存在は気になるところですよね?

 

オカダ、SANADA、EVIL

次の新日本プロレスの核となるであろう日本人選手はこの3人。

30代前半と若く、それぞれがそれぞれの独自の世界観を築いています。

新日本プロレスのタイトルで言えばSANADA選手がもっとも遅れをとっているように見えますが、キャリア的にみればSANADA選手は相応の「格」を備えた選手であり、もし今他団体にいればエースクラスの逸材です。

海外のリングで結果を出していますしね。

僕としては、EVIL選手が王者になったことで一気に何かが動き出しそうな予感のする昨今、SANADA選手がどのタイミングでEVIL選手の前に立つのかも興味深い。

この二人が対峙した時に改めてオカダ、SANADA、EVILという新時代の争いが始まる気がします。

次の神宮大会でSANADA選手が動いて来たら本格的な世代交代の合図とも取れますし、もし何もなければ、現四強(オカダ、内藤、飯伏、ジェイ)時代が続いていくのでしょう。

SANADA選手は所属になっているのか不明なのでその点はネックですけれど。

 

EVIL台頭、棚橋から飯伏に神継承、カール・フレドリックスの存在感、オカダPの才能開花、YOSHI-HASHI初戴冠、KENTAのNJCUPUSA制覇

興行再開から二か月ほどでいろんなことがあった新日本プロレス。

次から次へと話題性にことかかず、それゆえ残した功績もすぐ次の話題にかき消されてしまうサバイバルが繰り広げられています。

日々主役が入れ替わっている感じもしますよね。

そんな中でSANADA選手がこの先どのように存在感を示していくのかにも注目です。

それがKOPW2020の舞台なのか、或いはIWGPという舞台なのか全く先は読めません。

上記の東スポの取材にて

理想を言えば、次にシングルで戦うときは俺が王者でオカダが挑戦者とか、対等以上の状態で向かい合いたい気はします

と語っただけに、「王者」に向かう大きなきっかけが欲しいところです。

↓タップにて応援して頂けると嬉しいです!他のブロガーさんも記事も読めます↓