プロレス時評

新日本プロレスの話題を中心にしたプロレスブログ

【EVIL政権と内藤哲也政権】新日本プロレスファンは今どちらが乗れるのか?

【新日本プロレス】明治神宮で逆転の内藤哲也は訪れるの?

オカダ・カズチカの再現なるか?

ニュージャパンカップを制し、IWGPをオカダ・カズチカから奪い、そしてすぐオカダ・カズチカに奪われたかつての内藤哲也。

今回のタイトルマッチではEVIL選手がその時の内藤選手の二の舞になるのでは、という内藤選手自身の言葉がありました。

現在、内藤選手に限らず、スッキリしない攻防が続く新日本プロレスですが、神宮球場でうっ憤の溜まったファンの気持ちをスッキリさせるエンディングを迎えることが出来るのでしょうか?

 

王者EVILのストーリーと王者内藤哲也のストーリー

もしパンデミックがなかったら?

新日本プロレスは内藤選手で数字を取りに行く年になったであろう、これが僕の考えでした。

オリンピックの影響で会場を抑えることも難しい状況で、いかに効率的に数字を積み上げるのか。

大会場で手っ取り早く集客できるのは、内藤選手以外には見当たりません。

しかし、パンデミックの影響で、少し様子が変わったように思えます。

 

EVILが紡ぐストーリー

もし内藤選手が王者に帰り咲いたとして、誰が対角線に立つのか?

パっと思い浮かびません。

しかし、EVIL選手が王者ならば、SANADA、飯伏、棚橋、ザック、鈴木みのる他様々なフレッシュな組み合わせが生まれますよね。

その戦いのスタイルから嫌悪されがちなEVIL選手ですが、カード的には引き出しがあり過ぎるおいしい選手でもあります。

このまま彼が王者路線の方が、見る側にとってもマンネリの度合いは少ないはずです。

ここで内藤選手が勝利すれば、次のビックマッチもまたドーム級の会場になるのかも知れません。

果たして新日本プロレスはどちらを選択するのか?

 

新日本プロレスのバッドエンドは続く?

フレッシュなカードを切って来るのならば、バッドエンドは続きます。

数字という部分にこだわるのならば、EVIL政権は短期政権で幕をとじるでしょう。

SNSやポータルサイトのファンの声の中には

「EVILしっかりしろ」

というものがあります。

それは、紋切型ではなくもっと具体的な言葉でアピールしろ、ということですよね。

例えば…

「内藤、お前だって悪ぶってたくせに客に媚びてんじゃねぇか?それとヒロム?俺と戦いたかったらなんで最初から他のユニットに入らなかったんだこの野郎?矛盾してんじゃねーか?よっくおぼ<以下省略>」

このくらい言って欲しいですよねw

やっぱり、そのあたりが優しさというか先輩をたてる名残が残っているのでしょうか。

内藤選手に唾をぶっかけるくらいの気概が見たいです。

↓タップにて応援して頂けると嬉しいです!他のブロガーさんも記事も読めます↓