プロレス時評

新日本プロレスの話題を中心にしたプロレスブログです。

【Esperanza】内藤哲也と希望

Esperanza-希望-

7月14日

Esperanza=希望という名の新技をひっさげて臨んだEVIL選手とのタイトルマッチ。

その希望という名前とは裏腹に、ファンを、特に内藤選手のファンの胸をえぐってしまうような結果になってしまいました。

今回に限らず、常に要所では苦渋を飲んできた内藤選手。

内藤選手の偉業が見るも無残な形で終わってしまったことに落胆しているファンの方も多いかも知れませんが、【希望】というメッセージを忘れてはいけません。

EVIL選手にとっての新章は、内藤選手にとっても新章です。

受け継がれる「格」

現在の新日本プロレスでもっとも格のある選手は棚橋弘至選手でしょう。

華々しい実績と、猛烈なファンの支持。

その分、これまで激しい一喜一憂をファンに与えてきたのも事実です。

後輩中邑選手との争い、オカダ選手とのIWGP戦、内藤選手とのインターコンチ戦、ジェイ・ホワイトとのIWGP戦…EVIL選手から毒切りをくらった試合もありましたね。

しかし、新日本プロレスのトップとして自らの「格」を受け継いでいくことは、トップ選手だけに避けて通れない道です。

重要な局面で後輩のEVIL選手と戦うこと。

ジェイ選手と戦ったこと。

内藤選手も、徐々に棚橋選手の領域に足を踏み入れているのかも知れません。

ベビーフェイスで新日本のど真ん中には立てなかった=棚橋選手になれなかった内藤選手ですが、格的には棚橋選手に近づきつつあるのではないでしょうか。

新日本プロレスからの「信頼の証」とも言えますね。

Esperanza=希望

これは単なる新技なのか、それともファンに向けてのメッセージなのか。

様々な仕掛けを準備する内藤選手なので、ついついこの希望という名を勘繰ってしまう。

僕個人的な考えで言えば、ベルトを失ってしまったことは事実、でも、身軽になったのも事実ではないかなと。

「ベルトを超えた存在」

「ベルトが追いかけてくる存在」

こう豪語していた内藤選手も、いつしかベルトに縛られているような印象でした。

流れ的にオカダ選手との結託もイメージできますが、逆に制御不能の内藤選手にターンする可能性もある。

もっと自由にプロレスを楽しむのも有りなんじゃないですかね。

振り切ったEVILの存在感を上回るのは誰?

“キング・オブ・ダークネス”EVILのなりふり構わず結果にこだわる姿、俺は好きだぜ。

引用 新日本プロレス公式

以前KENTA選手にも同じようなニュアンスの言葉を発していた内藤選手。

今のEVIL選手がかつての彼ではないにしても、なりふり構わず結果にこだわり、どんな罵詈雑言を浴びることもいとわない領域に足を踏み込んだその姿勢を心のどこかで称えているでしょう。

G1を制した飯伏幸太

ケガから復帰⇒ジュニアヘビーを巻いた高橋ヒロム

アントニオ猪木と絡むスケール感を見せるオカダ・カズチカと、そのオカダにライバル認定されたSANADA

若くしてUS・インターコンチ・IWGPヘビーを巻いたジェイ・ホワイト

そして、史上初の偉業を達成した二冠王者内藤哲也

こういった猛者たちの存在感(実績じゃないですよ)を一瞬で超えてしまったかに見えるEVIL選手。

この邪悪な存在感を上まわるのは誰になるのでしょうか?

次世代の台頭に期待

やられたらやりかえす、そういった理屈でオカダ選手や内藤選手のリベンジも良い、でもそれ以外の選手たちの争いもみたい。

特に「実力がありながら感情表現があと少し」というEVIL選手と似通った面を持っていたSANADA選手にとって、いつのまにかEVIL選手が先に行ってしまった感じですよね。

どれだけオカダ選手と戦っても手に入れられなかったベルトを、EVIL選手はNJCでオカダ選手を破り、タイトルマッチでは内藤選手を下し二冠を手にいれてしまったわけです。

ニュージャパンカップで非道な方法で敗戦をしただけに、SANADA選手がEVIL選手にどう制裁をあたえ、どう感情を込めるのかにも注目です。

繰り返しになりますが、二冠を失ってしまい丸腰になった内藤選手、身軽になったので制御不能な頃の彼にターンしても良いのでは?

EVIL選手にとっての新章は、内藤選手にとっても新章です(二回目)。

これからファンにどんな【希望】を見せてくれるのか、まさに「トランキーロ」ですね。