”最高のタッグ再び”の予感

内藤哲也と木谷オーナーの”タッグ再び”の予感

ちょっとした「事」になってしまうかと思われた東スポ上での内藤哲也の発言ですが、私が見る限りでは特に波風はたって見えないように見える。あくまでも私見ですが。

www.tokyo-sports.co.jp

その東スポの記事からさほど時間をおかず放送された

NHK総合1『プロフェッショナル』

においても、木谷オーナーは

とリツイートしていました。

内藤哲也の東スポの発言から、木谷オーナーのこのリツイートへの流れ。

ロスインゴという括りではなく、新日本プロレスファンが抱いているであろう

「新日本ってこれからどうするのかな、何かあるのかな」

という思いを”発散”出来る状況が整いつつあるような…。

 

最高のタッグ

俺が出すアイデアを新日本が採用するとは思えないけど、お客様のために何ができるのかは真剣に考えていきたい
(東スポ)

内藤哲也の新日本プロレスいじりは今に始まったことではなく、ある意味彼の常とう手段ですよね。

そういったファンのうっ憤をかっさらっていくこと(或いは立ち位置)も彼が人気の所以でしょう。

木谷オーナーと内藤哲也と言えば、下の写真の「握手」に集約されるのではないでしょうか。

 

f:id:desfleurs:20200430105839j:plain
2016年6月19日 大阪城ホール
内藤選手のギラギラ感がすごい時期
お肌も本間選手並みのギラギラ感

 

大量離脱から始まった2016年をわずか半年で軌道修正できたのは、その期間にこの二人が魅せてくれたものが大きい。

「新日本大丈夫なの?」

というファンの空気を払拭した瞬間でもあります。

語弊を恐れずに言えば、「戦い」でもあり「タッグ」でもある。

最高のタッグは他にも

時勢に沿うと内藤哲也と木谷オーナーに注目してしまいますが、このような印象的なタッグは他にもさまざま存在するでしょう。

ケニー・オメガが去った後の「ジェイ・ホワイトとオカダ・カズチカの戦い」

「ジョン・モクスリーとジュース・ロビンソンの再会」

「鈴木みのるとライガーの歴史」

等々あげればきりがなく盛りだくさん。

もっと視野を広げれば

「クリス・ジェリコと新日本プロレスの再会」

だってそう。

ただ、今現在うっすらと漂う

「新日本ってこれからどうするのかな、何かあるのかな」

というファンの気持ちに対して一番効きそうなのが、内藤哲也と木谷オーナーの”タッグ”かなと。

とはいえ、プロレス界が足並みをそろえた要望書に異議を唱えた内藤哲也。

噛み付く他団体のレスラーが出て来たらそれはそれで面白いかも知れない。

こんな風に考えてしまうのも、新日本プロレスの手の平の上なのでしょうか。

▼Twitterのフォローはこちら。記事更新のツイートがメインです。
 

▼はてなブログの読者登録はこちら。