プロレス時評

新日本プロレスの話題を中心にしたプロレスブログ

【素敵な二人】ケニー・オメガと石井智宏【AEW NJPW】

ケニー・オメガと石井智宏

【素敵な二人】ケニー・オメガと石井智宏【AEW NJPW】

新日本プロレスのヘビー級最高峰のベルト、IWGPヘビーウエイトチャンピオン。

ベルトを獲得するハードルは年々上がっており、同時にベルトの「格」も上がっていく一方です。

いわばIWGPヘビーウエイトチャンピオンになることによって、プロレス界での世界的な「格」も得られると言っても過言ではない。

しかし、時にベルトの格やレスラーの格云々よりも、この二人の戦いだからこそ素晴らしいという戦いがある。

その一つがケニー・オメガと石井智宏との戦いではないでしょうか。

手が合う二人

ベストバウトマシーンの異名をとるケニー・オメガですが、石井智宏もまたベストバウトマシーンと言っても差し支えありません。

ベストバウトとは「戦う両者が素晴らしい」という場合もあれば、「片一方が片一方の魅力を”引き出した上で”」という場合もある。

その点から言っても、ケニー・オメガと石井智宏の試合はお互いを消すことがない好勝負の連発です。やはり、手が合うのでしょう。

世界戦略という名のもとに存在したであろうバレットクラブの内紛劇。

そういった海外目線のプロモーションに「???」だった新日本プロレスのレスラーもファンも存在する中で、ケニーのエンタメ性と石井の硬派がぶつかり合うこの二人の試合は、海外ファンが新日本プロレスに望むの”ひとつの形”だったのではないでしょうか。

キャリア、身長、体重を超えて

言わずもがな、ケニー・オメガも石井智宏も新日本プロレスの生え抜きではありません。

お互いジュニアの階級も経験しているもの同士で、バルクアップしたにせよヘビー級としては大きな体ではありません。

しかし、この二人の試合を見た人々が

「新日本の生え抜きじゃないでしょ?」

「これでヘビーなの?」

という感想を漏らすでしょうか。

いやたとえそういう声があったとしても、それを上回るプロレスがこの二人には存在するはずです。

「格」という言葉で見れば、G1を制し、新日本プロレスのベルトをあらかた獲得してきたケニー・オメガの方が上。

しかし、そういった「格の違い」を一切感じさせない試合がこの二人にはある。

語弊を恐れずに言えば、ケニー・オメガと石井智宏の信頼関係、いわばケニー・オメガが認める存在それが石井智宏とも言えるのではないでしょうか。

ジェイ・ホワイトに素敵な存在は現れるのか? 

先ほど「世界戦略が~」と僕は書きましたが、今後その中心を担うのはやはりジェイ・ホワイトではないでしょうか。

彼については

www.prowres-jihyo.com

という記事にザックリまとめています※お暇な時に是非※

ケニー無きあと、やや駆け足で新日本プロレスへのトップレスラーへとなったジェイ・ホワイト。

団体のプッシュもあれど、ここ数年のダークヒーローブームに便乗せず、徹底的にヒールを貫いている姿勢は棚橋弘至のお墨付きです。

そしてまた、”青い目のヤングライオン”だった頃には想像もつかなかった饒舌さと、20代にして老獪なプロレススキルをあわせ持つ稀有なレスラーでもある。

The Eliteもその果たすべき役割を果たしたと思いますが、ジェイ・ホワイト率いるバレットクラブも興味深いですし、彼の支配力がどれほど海外のファンをひきつけるのかも見てみたい。

どんなレスラーにも、つねに好敵手というものは存在するもの。

ジェイ・ホワイトにもそういった好敵手が現れれば、彼の存在はより輝きを見せるはずです。

果たしてジェイ・ホワイトにはケニー・オメガにとっての石井智宏のような”素敵な存在”は現れるのでしょうか?

最後に石井智宏がケニー・オメガに向けて言った言葉を引用します。

アイツ今が一番楽しいだろう

自分の想い通りに物事が進んで

でもよ

人生 山あり谷ありだ

必ず障害がある

オメエにとっての障害は

この俺だ

新日本プロレスワールド

こんな言葉をジェイ・ホワイトに言い放つレスラーが出て来ることを期待したい。