【AEW】もしマット・ハーディーが新日本プロレスに参戦したら

ブロークン・マット・ハーディー

WWEを退団し、AEWに新天地を求めたマット・ハーディー。

かつて新日本で内藤哲也とシングルマッチをした経験のある弟のジェフ・ハーディーとともに、ハーディー・ボーイズとしての活躍も有名です。

マット・ハーディーのAEWでの契約は、ジョン・モクスリーやクリス・ジェリコと同様に「新日本プロレスにも参戦可能」というもの”らしい”。

団体によって柔軟にスタイルを変化させるクリス・ジェリコや、一気にバイオレンスに振り切ったジョン・モクスリーとはやや毛色の違うクリエイティブ(ブロークンギミック)を持つマット・ハーディー。

時には落雷を落とし、時には一瞬で傷を癒し、先日のAEWでは火炎放射器を自由自在に操っていましたね。

 

f:id:desfleurs:20200406082808j:plain
真ん中で炎に怯えるジェリコさんとゲバラ

 

もし新日本プロレスに参戦するとしたら、この雰囲気をガラリと変えるとは思えない。

逆にマット・ハーディーのクリエイティブをどのように新日本プロレスに融合させるのかも見ものです。

ではその場合対戦相手は誰になるのか?

世界観と世界観の戦い

マット・ハーディーのクリエイティブに対抗出来得る世界観を持ったレスラーは誰か?

例えばEvilジェイ・ホワイト、或いは高橋ヒロム

”闇の王”Evilのチョイスはやや「それっぽい」感じがしますけれど、マット・ハーディーのファンタジーをねじ伏せるEvilが見てみたい。

ダークネスキッズを総動員して魔法陣ライトの光をいやというほどハーディーに浴びせても効果的かも。

そして、”スウィッチブレイド”ジェイ・ホワイトの世界観にも注目です。

 

f:id:desfleurs:20200406084603j:plain
まるで映画のワンシーンのよう

 

エントランスのムービーにあるような”狂気”とは少し距離のある状態にいる現在のジェイ・ホワイト。

彼の内なる狂気が爆発すれば、新しいジェイが誕生するかも知れない。

そして高橋ヒロム。師である内藤哲也が弟のジェフ・ハーディーとの一戦であまりインパクトを残せなかったことに対して、師の敵討ちができるかどうか。

マット・ハーディーに対して高橋ヒロムのクリエイティブが全開になったら、それも面白い。突然マット・ハーディーにダリルが襲いかかったり。などなど…。

 

新日本プロレス=ストロングスタイル。

だから真剣な戦いがみたい。

 

このブログに書いてきたようなファンタジックなプロレスに対し「否」と反応する方もいるでしょう。たしかに、ファンタジックなプロレスは新日本っぽくはないですよね。

ただ、普段と違う趣のあるプロレスもそれはそれで面白いのかも知れないというわずかな願望が私にはあります。

突然斜めから球を投げられ、それによって開花してしまうレスラーが出て来たり、と想像してみたり。

▼Twitterのフォローはこちら。記事更新のツイートがメインです。
 

▼はてなブログの読者登録はこちら。