般若プロレス時評

新日本プロレスとAEWの話題を中心にしたプロレスブログ

【AEW×新日本プロレス】次はどんなシングルマッチがみたい?

【AEW×新日本】次はどんなシングルマッチがみたい?

ジョン・モクスリーと永田裕志の熱戦も終わり、AEWと新日本プロレスの協業はより広がりを見せてきました。

特に、新日本プロレスの選手権をAEWの番組内で行うというAEW側の器量の大きさに驚かされました。

永田選手、そして新日本プロレスへの敬意が強く感じることが出来ましたね。

では、次はどんなシングルマッチが実現するのか?

AEWには新日本プロレスにゆかりのある選手も多いので、ファンの妄想するカードはたくさんあるのではないでしょうか?

 

因縁、意外性、新鮮さ、あらゆるカードに期待

因縁

因縁と言えば真っ先に出て来るのがバレットクラブ問題です。

新日本側のバレットクラブをこき下ろすAEW&インパクトの元バレットクラブの面々。

一旦休戦モードになっていますが、また火はともされることでしょう。

タッグマッチなどでの激突も考えられますが、ケニー選手対タマ選手のシングルなんて面白いかも知れません。

そして、ジェリコ選手と棚橋選手、オカダ選手、内藤選手などの組み合わせ。

特に棚橋選手はドームで敗戦を味わっているだけに、AEWのリングでリベンジマッチをしても面白いですよね。

アメリカ仕様のど派手なエースも見てみたいし、何と言ってもジェリコ選手とは手が合うので好試合も期待できます。

 

意外性

意外性で選ぶのなら、例えばランス選手対鈴木選手。

新日本では同じユニットでしたが、団体を変えたランス選手が鈴木選手相手にどんな戦いをするかも興味深い。

ちょっとマニアックなセレクトになると、サミー・ゲバラ選手対飯伏選手も面白いかも。

ジェリコ選手率いるインナーサークルというユニットでプロレスを謳歌しているゲバラ選手ですが、ややバラエティ色が強いプロレスをしています。

いや、AEWではそういうキャラクターなのかも知れませんが、飯伏対オスプレイのように極限まで消耗する試合を経験しても良いのかなと。

ゲバラ選手は来日経験もあり、日本式プロレスにも対応出来る。

ポテンシャル的に言えばダービー・アリンと並んで次世代のAEWの顔になる選手でもある。

飯伏選手ならゲバラ選手の眠っている何かを引き出せそうな気がするんですよね。

完全に僕の妄想ですが、ゲバラvs飯伏が見たい。

 

新鮮さ

AEWと新日本プロレスで新鮮なカードは何か?

まずは若手同士の抗争です。

日米ヤングライオンvsAEWDARK(主に第ゼロ試合的な位置)の選手たち

この試合は盛り上がりそう。

知名度的には新日本のヤングライオンの方が上ですが、AEWDARKを主戦場とする選手たちにどんなバケモノが潜んでいるかも見てみたい。

対抗戦は燃えるし、選手各々がポテンシャル以上のものを発揮できるチャンスでもある。

新鮮なカードと言えば、レイ・フェニックス選手対ウィル・オスプレイ選手も良いかも。

ルチャ系のレスラーの中でも格闘色の強い選手と言えばドラゴン・リーですが、また違った強さを見せてくれるのがフェニックス選手です。

大げさにいうとドラゴン・リーの進化系というか。

ハイフライ的な側面でみるとPACvsオスプレイも新鮮ですが、僕はフェニックスvsオスプレイの方がインパクトのある試合ができそうな予感がします。

単に僕がレイ・フェニックスを好きだからかも知れませんけどw

最後に

僕の中での裏メイン。

それはAEWの社長トニー・カーンと新日本プロレスの大張社長の掛け合いです。

一流の経営者でありながら、どこかお坊ちゃん&パリピ的な軽さも持ち合わせるカーン社長。

WWEのビンスよりも画面に多く登場する経営者と言っても過言ではありません。

そんなカーン社長と大張社長が邂逅し、何を言い合うのかも興味深いんです。

絶対にあり得なさそうですが、インパクトとの協業の際もAEWの選手を従えペラペラとお喋りしていたカーン社長なだけに、ちょっとした何かを期待してしまうのは僕だけ…ですねw

読者の皆様はAEW×新日本プロレスでどんなカードがみたいですか?

≪END≫

≫≫【ブログランキングに参加しています】クリックにて応援して頂けると嬉しいです!国内外のプロレス最新情報も読めます!

≫≫プロレス時評のTwitterはコチラ