鷹木信悟の次の挑戦者は誰?

 

 

f:id:desfleurs:20200220193328j:plain

石井智宏の猛攻を耐え、NEVER無差別級選手権試合を制した鷹木信悟

解説陣の真壁刀義への煽りがやや気になったものの、試合内容は鉄板とも呼べる内容でした。

細かなテクニックの応酬とは真逆の、ストレートにぶつかり合う試合。

NEVER無差別級選手権試合=必ずゴツゴツとした試合をしなければならないというわけではないのですが、そういう選手が集うベルトになりましたよね。

試合内容で言えば新日本でもっともハードルが上になりつつあるこのNEVER無差別級のベルトに、次は誰が挑戦するのでしょうか?

(画像出典:新日本プロレス 公式サイト)

 

 

鷹木信悟はおいしい相手

好試合はお約束?鷹木信悟のプロレス

パワーレスラーでも、スピードのあるレスラーでも、どんな相手とも好試合を作れる男、鷹木信悟

ゴツゴツした試合だけが彼の得意分野ではないでしょう。

ゆえに、彼と対峙するレスラーにはある意味「おいしい」相手でもあります。

私としては若い世代と鷹木信悟のぶつかり合いが見てみたい。

SHO、ヘナーレが候補の筆頭かも知れませんが、YOHにも、そして辻にも名乗りをあげて欲しいなと。

あるいはカール・フレドリックスにも。

 

 

挑戦者の筆頭はSHOがリード?

挑戦者の筆頭はSHOと書いてみたものの、まだ明確はものは何もありません。

今までの鷹木信悟との戦いの経緯、そしてこの前の解説席での緊迫したムードから、「そうなんじゃないの」と予想しているだけ。

でも、大抵そうなのがプロレスだったりするんですよね…w

シングル戦線に足をかけようとしているSHOへのファンの期待は大きく、それと同時に気になるのがYOHはどうするの?という現状。

このまま仲の良いタッグで行くのか、或いは内藤哲也高橋裕二郎のような分裂に発展するのか。

タッグ王者として君臨するロッポンギ3Kの彼らに今すぐ何かが起こるわけではないと思いつつも、ヒリヒリした関係性も見てみたい。

過去棚橋弘至と参戦したDDTのリングではありませんが、若干ヒールに振ったYOHも魅力的ですよね。

 

 

 

 

NEVERは若手が取り返すもの

初代王者は田中将斗

若手選手主体で興行が行われるNEVERのリニューアルを機に創出されたNEVER無差別級王座。

若手主体といいつつも、当時30代後半だった田中将斗が初代王者に輝きました。

田中将斗が初代王者になった時点で、NEVER=若手というよりもNEVER=無差別級という価値に転換された気も。

30代後半と言えど、身体も技もキレキレだった田中将斗

彼の激しいプロレスは素晴らしく、その流れが今現在でも続いているような感じさえします。

でも、このままで良いのか。

確かに試合内容がある程度保証されているレスラーでしのぎを削った方が盛り上がることは事実です。

しかし、そろそろ若手の台頭も欲しいところ。

一昨日のタイガー服部引退記念大会にて、試合後真壁やヘナーレと激しくやりあった上村や辻の上野毛ヤングライン勢。

特に辻に関しては上村よりもその存在感をアピールできていない現状なので、何かしらの爪痕は残して欲しいですよね。

 

 

鷹木信悟の次の挑戦者は誰?

NEVERに限らず、ベルトへの挑戦となると

誰々に負けているからNO
誰々に勝っているからOK

というオフィシャルではない暗黙のルールが発動してしまいますよね?

今の状況からすると、どこかで鷹木信悟からフォールを奪った選手が次期挑戦者に近づくのでしょう。

しかし

「ナンチャラ挑戦権利争奪戦」

などと銘打ったものでない限り、誰に勝っていようが負けていようが挑戦を要求することは自由なはず。

実績がさほどない若手選手でも

「鷹木さん、そのベルトに挑戦させて下さい」

といったストレートな言葉が発せられるようなシーンも見てみたいですね。

受ける受けないは王者(或いは会社)に委ねれば良いことなので。

大阪城のKENTA戦の後にバックステージで発せられた内藤哲也の苦言は、こういうことなのかなと思ったりもします。

 


プロレスランキング

 

 
スポンサーリンク