プロレス時評

新日本プロレスの話題を中心にしたプロレスブログ

【新日本プロレス】 今こそIWGPへ YOSHI-HASHI

YOSHI-HASHI

新日本プロレスのYOSHI-HASHIは長らく「変わること」を望まれているレスラーです。

より正確に言えば、「変わることを望まれているような」レスラーです。

「ような」と言ったのは、彼が今の新日本プロレスのメインのストーリーに絡むという期待値をファンに抱かせるには、年齢や現在の若手のラインナップを考慮すると、やや厳しいものがあるからです。

しかし、プロレスというジャンルにはそういった壁を壊す可能性を見出すこともできますよね。

身体が動く動かないではなく、レスラーとしてどう存在していくのか。

今こそYOSHI-HASHIには大きな大きなかけとも言うべきものに出て欲しい。

それはIWGPへの挑戦です。

期待しているのは棚橋弘至だけ?

棚橋の期待

ことあるごとにYOSHI-HASHIへの期待(或いは心配)を口にする棚橋弘至。

面倒見の良い先輩として後輩の行く末を案じているのでしょうが…「棚橋以外誰も期待してないんじゃない?」とも言えるような状況。

昨年末のワールドタッグリーグで動きの良さを見せたYOSHI-HASHIですが、それが線にならない。

苦肉の策で棚橋が出したアイデアは「YOSHI-HASHIの肉体改造」でした。

試合内容、マイクパフォーマンスがどうであれ、「良い体をしている」という印象はそれとしてファンの注目を継続させますからね。

でも、その棚橋の声が届くこともなく、コンクルソにも参加することなく、通常運転のYOSHI-HASHI。

彼にとって必要なものは、一体何なのでしょうか?

プロレスラーが「変わる」とは何か

ギミック・チェンジ

簡単に言うと、ギミック(キャラクター)が変わること、これが最も分かりやすい。

正義の味方が悪役になったら、分かりやすいですよね?

それが出来ないのなら、プロレスのスタイルを変える、体を変えるなど、やることは限られてくる。

元々新日本プロレスはレスラーのアイデアに乗っかる会社、なのでバンバンアイデアが出る選手などは「数打ちゃあたる」的に何かを掴むことが出来るかも知れませんが、そうではない選手は会社が何かを用意しない限り、極めて発信力は低くなります。

勿論、選手はある程度それぞれの役割を持った上でリングに立っているので、急に仲間を攻撃したりとか、そういったストーリーを阻害するアピールはできません。

よって、一番の近道は体を鍛えるしかない。

でも、今のところその兆しは見えない。

ではどうすればいいのか?

オカダ・カズチカと内藤哲也とSANADA

ヤングライオン時代ともに切磋琢磨した仲がオカダ・カズチカであり内藤哲也。

ともに新日本の入門テストを受け、別の団体に進んだSANADAと新日本にこだわったYOSHI-HASHI。

オカダと内藤は東京ドームで感動的な試合をし、SANADAはオカダのライバルとしてシングルプレーヤーの頭角を現し始めている。

荒唐無稽な提案かも知れませんが、いっそのことYOSHI-HASHIはIWGPに挑戦しても良いんじゃないですかね?

IWGPと言葉に出す勇気

YOSHI-HASHI対内藤哲也

YOSHI-HASHI対内藤哲也のIWGP戦。

僕は見たいw

ヘビーでもインターコンチでもどっちでもいいから見たいw

仮に彼が「IWGP」という言葉を出したら、それこそ

「何の実績もねーだろ」

「無理無理」

「ネバーからやれ!」

と罵詈雑言が飛ぶかも知れない。

しかし、たとえこのカードが決定しなくとも、僕はYOSHI-HASHIがどう内藤を振り向かせるかが興味深いんですよね。

プロレスというジャンルはプロットが存在するにせよ、選手個々人は生の感情を同居させながらプロレスをするわけです。

YOSHI-HASHIの内藤やオカダへの嫉妬心がどれほどのものなのか、その嫉妬心が強ければ強いほど、ファンもYOSHI-HASHIに感情移入すると思うんですよね。

まぁ僕がこういうカードの方がより面白みを感じる性格なのかも知れませんが。

一歩踏み出す勇気

現在、KENTAと内藤哲也の絡みが話題になっていますが、ファンの気持ちは様々ではあれど、内藤哲也自身はいちレスラーとしてKENTAのあの行動を称賛していますよね。

ファンに気を使い、一歩踏み出す勇気がなかったかつての内藤哲也からすれば、チャンスをものにしようというレスラーの気概は嬉しいはず。

僕もKENTAのあの行動を観たとき、「すげぇな」って思いましたね。

「(KENTA以外に)他に動くべき人間がいたはず」

内藤哲也の頭の中にYOSHI-HASHIがいたのかどうかは不明です。

そこで荒唐無稽なYOSHI-HASHIのIWGPへの挑戦。

やや既定路線続きの新日本プロレスの中で、こういったカードがあってもいいのでは。

プロレスの醍醐味って、こういうところにもあるんじゃないのですかね。