般若プロレス時評

新日本プロレスとAEWの話題を中心にしたプロレスブログ

【AEW】棚橋弘至がIWGPUSヘビー級王座に挑戦?

【AEW】棚橋弘至がIWGPUSヘビー級王座に挑戦?

惜しくも敗れはしたものの、鷹木信悟選手との素晴らしい選手権試合を経て、次はIWGPUSヘビー級王座に挑戦?

進化するエース棚橋選手の歩みは止まることはありません。

簡単に言うと、現 IWGPUSヘビー級王者であるランス・アーチャーと挑戦者であるヒクレオの勝者とやらせてくれ、ということです。

場所はAEWになるのか、或いは新日本プロレスのリングになるのか?

僕としてはアメリカで躍動する棚橋選手が見てみたい。

 

棚橋弘至はアメプロとの親和性抜群?

V字回復の立役者棚橋弘至

間違いなく、現在の新日本プロレスの保守本流は棚橋弘至です。

中邑選手があのまま新日本プロレスに残っていたらどうなったのかは微妙ですが、とにかく、棚橋選手は新日本プロレスのど真ん中にいる存在です。

しかしながら、ど真ん中に居ながらも変化を求めてきた選手でもある。

ファンサービス、愛してますという言葉、ストロングスタイルの呪いからの解放。

個人的に言うのならば、殺伐とした新日本プロレスに開かれた要素を持ち込んだ選手ではないでしょうか。

この絶妙なバランスが今の新日本プロレスの好調の秘訣でもあるでしょう。

しかし、もっと「ショーの要素」がふんだんに盛り込まれた棚橋選手も見てみたいなと。

 

AEW

東京ドームで行われたクリス・ジェリコ戦も素晴らしかった。

しかしそれは新日本仕様のジェリコ選手のプロレススタイルのおかげ、とも言えるかも知れない。

その土地土地のプロレススタイルにフィット出来る力量は、流石ジェリコ選手というしかないでしょう。

では棚橋選手はどうか?

もしAEWのリングに棚橋選手があがるのならば、普段新日本プロレスでは見れない棚橋選手が見れるかも知れません。

新日本プロレスの殺伐とした中で愛を振りまく棚橋選手はかっこいい。

でも、ショーアップされたAEWというアメプロの中で棚橋選手がどのように輝くかも楽しみです。

IWGPUSヘビー級王座選手権の先に誰が、そして何が待っているのかも気になりますね。

【追記】

ってなったそうです。

≪END≫

≫≫【ブログランキングに参加しています】クリックにて応援して頂けると嬉しいです!国内外のプロレス最新情報も読めます!

≫≫プロレス時評のTwitterはコチラ