般若プロレス時評

新日本プロレスとAEWの話題を中心にしたプロレスブログ

【超人vs神】オカダ・カズチカと飯伏幸太【不穏な二人】

【不穏な二人】オカダ・カズチカと飯伏幸太とIWGP

ジェットコースターの緩やかな上りから、一気に急降下の下りへと突入したように目まぐるしく展開が変わる新日本プロレス。

矢継ぎ早に話題が投入され、目が離せない状況が続いています。

オスプレイ選手の躍進、ビー選手との関係、エンパイアの「X」、YOH選手の復帰、傷心のヘナーレ選手、NEVERとジェイ選手、辻選手の今後、内藤選手のターゲット、フィンジュースとインパクトレスリングの関係性…

他にも大小話題がある中で、やはり気になるのはオカダ選手と飯伏選手の関係性。

珍しいベビーフェイス同士の不穏な空気は緊張感があり、見ごたえ充分です。

個人的には、長らく新日本プロレスの中心だったオカダ選手が、完全に中心ではなくなっていることに驚きを感じています。

 

オカダ・カズチカと飯伏幸太

棚橋弘至と中邑真輔

かつて「ストロングスタイルの呪い」と棚橋選手が言ったように、中邑選手と棚橋選手の間には大きな価値観の違いがありました。

リング上で「猪木」と吠える中邑選手と、新しい新日本プロレスの形を追求する棚橋選手。

この構図が、なんとなく今のオカダ選手と飯伏選手と似ている気がします。

結果的に新しい新日本プロレスを追求した棚橋選手がスタンダートとなったことをみると、現在批判の渦中にいる飯伏選手もいずれスタンダートになるのかも知れない。

時代を謳歌していたあのオカダ選手がこのような状況になることは、誰にも予想できなかったのではないでしょうか。

 

実力均衡とベルトの減少が起こすこと

ますます戦力が均衡する新日本プロレスと、ベルトの減少。

ヘビー級に関しては

IWGP世界ヘビー級王座、IWGPUSヘビー級王座、NEVER無差別級王座

の三本のみ。

この三つのベルトを多くの選手で争い合うという群雄割拠の時代が訪れます。

USヘビーは実質アメリカでの最高位なので、日本では世界ヘビーとNEVERの二本のシングルを争うことになる。

シングルのベルトが欲しい選手にはますます厳しい状況になり、レスラーの価値をベルト以外の創意工夫であげていかなくては行けません。

今後はより選手一人一人のギミックやキャラクターが問われることになりそうです。

或いは、他団体との積極的な交流も活発になるかも知れませんね。

 

オカダ・カズチカと飯伏幸太の決着はいつ?

迷わず行けよ、行けばわかるさ。その先には、このオカダ・カズチカという男が立って、迷った分をしっかり正してやる

(オカダ・カズチカ 新日本プロレス公式)

アントニオ猪木風の言葉で飯伏選手にエールを送ったオカダ選手。

しかしその表情にはなんとなく寂しさもありました。

まさにオカダ選手自身が「迷わず行けよ、行けばわかるさ。」と自問自答しているようにも感じます。

プロレスとは全員が主役になれないものです。

今現在は「あの」オカダ選手までもsome of themになってしまっています。

いや、内藤選手も、ジェイ選手もその危機感はあるでしょう。

来年は新日本プロレスの50周年イヤーです。

オカダ選手が再び中心に戻ってくるのか、神様飯伏選手が新時代をけん引するのか。

二人の関係性に注目していきたいですね。

決着の舞台は「IWGPのかかった舞台」が相応しいのではないでしょうか。

≪END≫

≫≫【ブログランキングに参加しています】クリックにて応援して頂けると嬉しいです!国内外のプロレス最新情報も読めます!

≫≫プロレス時評のTwitterはコチラ