海外メディアの1.5東京ドーム内藤哲也に関する記事を読んで

 

f:id:desfleurs:20200114122418g:plain
海外プロレスメディア『voices of wrestling』にざっと目を通していたら見つけた記事。

そこには内藤哲也よりも彼のファンについて記述が多く目につきました。

もしかすると、1.5のメインイベントは内藤哲也のファンが主役だったのかも知れません。

(画像出典:新日本プロレス 公式サイト)

 

ファンとプロレス

海外プロレスメディア『voices of wrestling』のコラム

「DESTINIES: THE DIFFERENCES OF LOVE FOR 90S PURORESU & THE MODERN DAY TETSUYA NAITO FAN」

にて目についた次のような一言。

This wasn’t Tetsuya Naito’s moment as much as it was the fan base who supported him throughout a years-long journey.
(引用:voices of wrestling)

簡単に訳すと

「あの瞬間は内藤哲也のものではなく、それを長年彼を支えたファンのものだ」

という感じ。

※あの瞬間というのは、1.5にてオカダ・カズチカからスリーカウントを取った瞬間のことです※

この記事自体がちょっとドラマチックで癖があるのですが、それを差し引いても、私自身も今回の東京ドームは内藤哲也とそのファンの「総決算」のような印象を受けました。

naito two belts」

という祈りのような言葉が生まれるほど、ファンの願いが強かった東京ドーム。

その内藤哲也が勝利した時の歓喜

「良かった嬉しー!」

というファンもいれば

「ホッとした」

というファンも意外と多かったのではないでしょうか。

プロレスの見方

この記事の筆者Dylan Foxさんが内藤哲也ファンなのか否かは定かではありません。

I loved Tetsuya Naito.
I loved his fans.

って記事の最後に書いてるけど…。

それはさておき、私が言いたいのはそのプロレスの観方です。

単純に勝ち負けを語るのではなく、ファンのリアクションを含め大きくプロレスを観ること。

確かに、内藤哲也の体現するそのストーリーは漫画の主人公のように分かりやすく、他の選手に比べ感情移入の要素が強い。

それに賛同するファンもいれば、そうではないファンもいるでしょう。

しかしながら、内藤哲也に限らずどんなレスラーもストーリーを持っています。

目先の勝ち負け、暴言や批判、悪態、乱入…そういったことにフォーカスしすぎてしまうと、プロレスはつまらないものになってしまいます。

そんな時こそ少し目線を引いて大きくプロレスを眺めてみることで、勝ち負けや暴言、乱入なども納得できる。

納得というか、それもプロレスの一部だと理解できる。

プロレスというものは、考え方一つで面白くなったりするものですからね。

間近に迫った内藤哲也とKENTAのタイトルマッチへの二人のプロモーションがまさにそうでしょう。

 

まとめ

筆者のDylan Foxさんは全日本の四天王時代やその系譜にあったノアの試合を称賛する一方で、こういったファンの感情を揺り動かす内藤哲也の存在(あるいはプロレス)も称賛しています。

ハードな戦いを通して感銘をうけるプロレスもあれば、レスラーのストーリーがファンを巻き込んで大きな感動を生むプロレスもある。

Dylan FoxさんはNaito super fans”と言っていますが、1.5のメインイベントのあの歓喜はそのNaito super fans”が作り上げたものなのかも知れません。

私としては、内藤哲也運命の相手オカダ・カズチカや彼の”Okada super fans”にも称賛を贈りたいですね。



ブログランキングでは他のプロレスブロガーさんの最新の記事が読めます。
↓↓↓↓↓

ご興味があれば是非覗いてみて下さい。
mako

 

 

スポンサーリンク