般若プロレス時評

新日本プロレスとAEWの話題を中心にしたプロレスブログ

EVILと法律と拷問

EVILと法律と拷問

EVILと法律と拷問。

なんと不気味な響きでしょう。

最近ますます悪っぷりに磨きがかかって来たEVIL選手。

G1公式戦の対戦相手だったチェーズ選手も

おまえが姑息なヤツだってことはわかってたけど、BULLET CLUB同士のシングルではクリーンファイトで挑んでくるはずだって思ってた。おまえも、オレがそう思ってるのをわかってたはずだ。でもおまえはやっぱり、いつも通りだったな。

と愚痴をこぼしています。

これは愚痴であり、そして称賛とも言えるでしょう。

同門にも容赦なくプロレスを貫くEVIL選手。

最近は

このオレが! 法律だ。

とまで言い切っています。

闇の王であり拷問執行人であり法律家。

俺がルールであり、歯向かったら拷問しちゃうよ的なスタイル。

しかし、「本物の拷問」が見れるのは10月20日のSANADA戦のような気がする。

SANADA選手にとっての拷問か、或いはロスインゴにとっての拷問か・・・。

≪END≫

現在G1クライマックス31の優勝予想投票をしています。

気軽にご投票お願いします。

コメントも出来ますが選手への誹謗中傷は無しでお願いします。楽しい投票にしたいので。

期限は10月2日24時までです。

期限後に集計を当ブログでも発表します。

よろしくお願いします!

YouTube「般若プロレス」チャンネルもやってます。

ご興味あればご視聴&高評価&チャンネル登録よろしくお願いします!

www.youtube.com

≫≫【ブログランキングに参加しています】クリックにて応援して頂けると嬉しいです!国内外のプロレス最新情報も読めます!

≫≫プロレス時評のTwitterはコチラ