般若プロレス時評

新日本プロレスとAEWの話題を中心にしたプロレスブログ

インスタもオシャレ!新日本プロレスのオシャレ番長は棚橋弘至?

インスタもオシャレ!新日本プロレスのオシャレ番長は棚橋弘至?

プロレスラーってオシャレするの大変だと思うんです。なぜならサイズの問題があるから。ウエストは細くても、ももが太ければももにパンツのサイズを合わせないといけない。シャツなんかも首が太ければその分サイズアップしないといけない。ようするに普通の規格で構成されているサイズで「ジャストサイズ」を見つけることはかなり厳しいのです。

しかし、そんな中でもオシャレを楽しむレスラーは多く存在します。もともとファッションはその人が満足していればよく、第三者がアレコレ口を出すものではありません。しかしながら、オシャレなレスラーがいることも事実です。

そんなオシャレレスラーの中でも筆頭株なのが、新日本プロレスの棚橋弘至選手なのかも知れません。

新日本プロレスのオシャレ番長は棚橋弘至

新日本プロレスには様々な系統のオシャレさんがいます。飯伏選手はラグジュアリーストリート系(オフホワイト等)、ザック選手はブリティッシュな感じ(フレッドペリーとか)、SANADA選手はイタカジっぽい雰囲気(ダンヒルとかプレミアータとか)…。

そんな中でも棚橋選手はジャンルにとらわれずいろんなファッションを楽しんでいますよね?

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by 棚橋弘至 (@hiroshi_tanahashi)

www.instagram.com

傾倒にこだわらず、幅広くオシャレを楽しんでいる選手とも言えるでしょう。

棚橋選手の端正な顔立ち、鍛え上げられた体も相まってどんなファッションでも似合ってしまう。そして清潔感もある。女性ファンが多いことも頷けます。

そんな棚橋選手がヤフーニュースでお気に入りのスニーカーを紹介していました。

「スニーカー、愛してま~す!」プロレスラー棚橋弘至がオキニ3足を手に愛を叫ぶ(OCEANS) - Yahoo!ニュース

棚橋選手ファンは必見!?

棚橋弘至のお気に入りのスニーカー3足

リーボック インスタポンプフューリー

空気圧でフィット感を向上させるユニークな構造のポンプフューリーは、リーボックを代表するスニーカーです。棚橋選手はこのトリコロールカラーを愛用中。シックな色から派手な色まで幅広く揃っているので、お気に入りの一足で棚橋気分を味わってみるのも良いのかも?

履いているだけでうれしくなりますね。高校生の頃の気持ちに戻るというか。パワーのあるアイテムは記憶も蘇らせてくれます。履いた瞬間から、その日はずっとテンション高く過ごせますから

(棚橋弘至 ヤフーニュースから引用)

ナイキ エア ヴェイパー マックス エヴォ

いろんなシリーズやデザインが出ているハイテク系スニーカーの中で棚橋選手が選んだのはナイキ エア ヴェイパー マックス エヴォでした。その理由は

ナイキは配色がすごく綺麗なので、黒を選ぶことはほとんどありませんでした。でも、これはゴテゴテとした姿がどこかひと昔前のスニーカーのように感じられます。黒一辺倒でも主張が利いていて、目を引きましたね

(中略)

2015年頃から膝の調子があまり良くなくて、そのうえ年齢的にも代謝が落ちてくる時期だったので日頃から歩く量を増やしました。一日1万歩が目標で、スニーカーを履く機会もいっそう増えたんです

(棚橋弘至 ヤフーニュースから引用)

なるほど、膝のことも考慮してのことなのですね。納得。

確かに、クッション性のあるスニーカーは腰や膝の負担を軽減します。一旦こういうスニーカーを履くとコンバース等ソールが薄いスニーカーが履けなくなってしまうこともありますね。僕もそういう経験ありますw

Y-3のスニーカー

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by 棚橋弘至 (@hiroshi_tanahashi)

www.instagram.com

今年の春に開催していた“レスリングどんたく”というシリーズで広島へ行った際、知人にいただきました。Y-3も過去に購入したことはありますが、それはいわばスニーカーらしいデザインだった。こんなモードな一足は持っていませんでしたね

(棚橋弘至 ヤフーニュースから引用)

Y-3とはアディダスとヨージ・ヤマモトの協業ブランドです。アパレルからスニーカーまで幅広く展開しており、ちょっとヤンチャなお兄ちゃんが着ている印象もある。しかし棚橋選手だと爽やかですねw

高級スニーカーなので価格も相応ですが、新日本プロレスのエースらしいラグジュアリーな一足です。

www.prowres-jihyo.com

ヤングバックも負けてないけど。 

Y-3はシンプルなデザインのスニーカーもあるので、余裕のある方はY-3のスニーカーでプロレス観戦なんて良いのかも知れません。

まとめ:オシャレは足元から

オシャレは個々人の自由です。その人間のカッコ良さは洋服で決まるのではなく、中身です。とはいえそういった精神論が通じないこともあるのが世の中なんですよね。

プロレスラーという規格外の体躯を持ちながら、オシャレを楽しむ棚橋選手。次は別の選手のこだわりファッションなど探ってみたいです。

≫≫【ブログランキングに参加しています】クリックにて応援して頂けると嬉しいです!国内外のプロレス最新情報も読めます!

≫≫プロレス時評のTwitterはコチラ