般若プロレス時評

新日本プロレスとAEWの話題を中心にしたプロレスブログ

ジェイ・ホワイトとNEVER無差別級王座の新たなる幕開け

ジェイ・ホワイトとNEVER無差別級王座の新たなる幕開け

棚橋弘至との激戦を制し、NEVER無差別級王者となったジェイ・ホワイト。

まさかNEVER戦線を棚橋選手とジェイ選手が競い合うことになるなんて、一年前では誰も予想できなかったことでしょう。

勿論、そこにはIWGPインターコンチネンタル王座が物理的に無くなったので、それと共にNEVERの重要度が増したという理由もある。

ジェイ選手の戴冠により今後より重要度が増してくるNEVERですが、その戦いに関する価値観までもが大きく変わっていくことでしょう。

まさにNEVER無差別級王座の新たなる幕開けです。

 

ジェイ・ホワイトとNEVER無差別級王座の新たなる幕開け

NEVERのイメージを変える戦い

今までこのNEVERのベルトは、男臭いゴツゴツしたレスラーが巻いてるというイメージが先行してたが、俺がチャンピオンになったからにはそのイメージをガラリと変えてやる。ベルトの進化が必要だ。激しい打撃技でぶつかり合う試合という過去のイメージをひっくり返し、俺のやり方で防衛ロードを築いていく。

(ジェイ・ホワイト 新日本プロレス公式)

初代の田中選手(ゼロワン)から始まるNEVERのストーリー。

ジェイ選手のいう通り、柴田選手、石井選手、後藤選手、鷹木選手と「男臭いゴツゴツしたレスラー」という印象は否めない。

しかし、そこに新しいイメージをもたらそうとするジェイ選手。

個人的にこういう柔軟な考えが出来る選手は素晴らしいと思います。

その理由は…

 

与えられた状況でベストを尽くす男、ジェイ・ホワイト

プロレスの世界のみならず、老若男女問わず、人間には虚栄心というものがあると思う。

「ちょっとでも良く見られたい」

「これ以上自分を落としたくない」

時にこういった虚栄心が周囲を悩ませたりする場合もありますよね?

ジェイ選手はプロレスラーとしては欲の塊のように見えますが、人間的には余計な虚栄心がないように感じます。

バレットクラブのリーダーでIWGPを巻いた格のある選手ならば、もしかするとNEVERを「格下げ」と感じることもあるかも知れない。

しかし、

ベルトの進化が必要だ。激しい打撃技でぶつかり合う試合という過去のイメージをひっくり返し、俺のやり方で防衛ロードを築いていく

という言葉にもある通り、自分なりの方法で新たに価値を築き上げていくそのスタイルは素晴らしい。

こんなことを言うと営業妨害になってしまうかも知れませんが、団体の状況も理解し、その都度その状況でベストを尽くす姿に感服せざるを得ない状況です。

 

ジェイ・ホワイトのNEVERに期待

NEVERに新しい価値を注ぎ込もうとするジェイ選手。

ゴツゴツした戦いから幅広いスタイルの戦いにシフトチェンジし、様々な選手と対戦することになるはずです。

僕が見たいのはジュニア選手との試合。

NJPWSTRONGではロッキー選手とシングルをしていたジェイ選手ですが、日本人のジュニア選手相手にどんな素晴らしい攻防を繰り広げるのかにも興味があります。

今後ますます発展していくであろうNEVER戦線の中心に立つジェイ選手、まずはフィンレー選手との防衛戦が決定するのか否かに注目ですね。

≪END≫

≫≫【ブログランキングに参加しています】クリックにて応援して頂けると嬉しいです!国内外のプロレス最新情報も読めます!

≫≫プロレス時評のTwitterはコチラ