般若プロレス時評

新日本プロレスとAEWの話題を中心にしたプロレスブログ

【KOPW2021】強すぎる矢野通とEVILのこれから

【KOPW2021】強すぎる矢野通とEVILのこれから

鹿児島大会のセミファイナルで行われた矢野選手とEVIL選手の『KOPW 2021』争奪戦 暗闇創造黒頭巾マッチ。

当ブログでも再三書いてきましたが、兎に角矢野選手は強すぎる。

だからこそ闇の王という異名を持つEVIL選手に勝って欲しかった…。

なぜなら後楽園ホールで見せた暗転殺法から、ついに新日本は何でもありのエンターテイメントに振り切ったんだなと思ったからです。

EVIL選手のキャラクターなら暗転も空を飛んでも火を噴いてもOKじゃん、ならKOPWで好き勝手やれば矢野選手に勝てるじゃん。

という勝手な妄想が、EVIL選手勝利の期待感へと繋がっていました。

でも、駄目でしたね。

一体誰が矢野選手を止めるのでしょうか?

 

無敵の矢野通を止めるのは誰?

矢野通しか勝たん

まさにローブロー殺法とも言える矢野選手のスタイル。

いかにローブローに持っていくかを計算し着くされた攻防を繰り広げます。

プロエス史上、ここまでローブローがファンにも、選手にも、そして団体にも受け入れらる選手は珍しいでしょう。

まさに新日本プロレスの治外法権です。

でもですよ?

そろそろ新たなるタイトル保持者の試合がみたい気もします。

まんねりとまではいきませんが、誰も矢野選手に勝てる気がしないんです。

ではどうすれば矢野選手に勝てるのか?それは…

 

勝ちに徹したルールを

矢野選手に挑戦するレスラーは、自分の特製、得意分野を強調したルールを提案したりしますよね。

確かに、キャラクター性をKOPWに持ち込むことはいちレスラーとして良いプロモーションになるでしょう。

でもそれじゃ勝てないんスよ。

もっとガチなルールで矢野選手に挑まない限り、勝てない。

例えばローブローを禁止したり、道具の使用を一切禁止したり等。

いわずもがな、真面目過ぎるKOPWは通常のリングと差別化できなくなるので詰まらなくなってしまうのかも知れない。

でもこのままKOPW保持者が変わらないのもどうなんだろうという気も。

僕は矢野選手は好きです、でも他の人の活躍も見てみたいですね。

 

EVILの今後

闇の王の復活の舞台と期待したKOPW。

しかし、「明けない闇はないんだ。」という矢野選手の言葉通り、暗闇を支配することは出来ませんでした。

暗闇を専売特許にしているEVIL選手を負かすなんて、キャラクター潰しでしかない。

まさに面目が潰れてしまったEVIL選手が向かう先はどこなのでしょうか?

もうG1優勝するくらいしか大きなインパクトは残せないのかも知れません。

これも何度も言っていますが、EVIL選手はもっと無茶苦茶やっていいと思う。

それこそ毎回暗転させても良いくらいに。

若手選手が台頭する新日本プロレスにあって、EVIL選手やSANADA選手のように上の世代と下の世代に挟まれるレスラーは自己主張がますます大事になってくるのかも知れませんね。

なんとなくかつて第三世代が置かれた境遇と被る気もします。

兎にも角にも、EVIL選手の今後に期待。

≪END≫

≫≫【ブログランキングに参加しています】クリックにて応援して頂けると嬉しいです!国内外のプロレス最新情報も読めます!

≫≫プロレス時評のTwitterはコチラ