般若プロレス時評

新日本プロレスとAEWの話題を中心にしたプロレスブログ

【逆転の内藤哲也&SANADA】迫りくる新世代との戦いを征す

【逆転の内藤哲也&SANADA】迫りくる新世代との戦いを征す

ロスインゴの連敗につぐ連敗に終わった前哨戦。

ユナイテッドエンパイアの勢いに押されたままで迎えた広島大会のセミファイナルとメインイベント。

SANADA選手も内藤選手も見事勝利を掴むことが出来ました。

超人気ユニットと新進気鋭のユニット同士のぶつかり合いと言っても過言ではない試合でしたが、主役の座はまだ譲らないというロスインゴの意地を見たような気もします。

しかし、素直な感想を言うのならば、オーカーン選手とヘナーレ選手も良かった。

彼らとしても負けられない意地があったことでしょう。

 

迫りくる新世代

アーロン・ヘナーレ

昨日の広島大会で個人的MVPはヘナーレ選手。

SANADA選手に敗戦してしまいましたが、アーロン・ヘナーレというレスラーがどんなレスラーかをはっきりしめしてくれたと思う。

ついこの間まで本隊だった頃には見えなかったオーラをまとっていましたよね。

プロレスにとって勝敗は大事ですが、存在感もまた大事です。

本隊にいる時の真面目な青年よりも、僕は今のヘナーレ選手の方が好きですね。

このまま勢いを継続していけば、G1参戦も充分にあり得るでしょう。

次はバチバチに攻撃し合えるレスラーとの試合がみたい。

石井選手戦とか。

 

グレート-O-カーン

舌戦に次ぐ舌戦でファンをザワザワさせていたこの二人。

しかしいざ試合が始まると、そんなことどうでも良いと思えるほどに素晴らしい試合が繰り広げられました。

やはり-O-カーン選手はテクニカルな選手だなと思った次第。

やみくもに攻撃したりしないし、一個一個の技が正確で丁寧なんですよね。

内藤選手はチェンジオブペース的なプロレスを得意にしているだけに、その意味でも二人はスイングしたのかなという印象です。

もし-O-カーン選手のアイアンクロー式のバックブリーカーが出ていたら、勝敗はひっくり返っていた可能性もある。

いずれにせよ内藤選手には前哨戦も含め楽な戦いではなかったでしょう。

内藤選手にとってジェイ選手やタイチ選手と同じように前哨戦からプロレスを楽しめる相手がまた1人増えたのではないでしょうか。

 

SANADAに期待

いつのまにやらSANADA選手も新世代と戦う立場になりました。

上に挑んでいく立場ではなく、下から追われる立場になったのです。

ヘナーレの行動力、そして成長はすごいと思うよ。ただ、俺に勝とうとしたのが、早すぎただけだよ

(SANADA 新日本プロレス公式)

いや、早すぎではないかも知れない。

寧ろSANADA選手がもっと下を引き離す立場にならなくてはいけないのかも。

あと一歩でタイトルに届かないSANADA選手にとっても、今年は逆転を目指す年になりそうです。

≪END≫

≫≫【ブログランキングに参加しています】クリックにて応援して頂けると嬉しいです!国内外のプロレス最新情報も読めます!

≫≫プロレス時評のTwitterはコチラ