般若プロレス時評

新日本プロレスとAEWの話題を中心にしたプロレスブログ

ケニー・オメガが来日する可能性を考える【日程・ビッグマッチ・新日本・DDT】

ケニー・オメガが来日する可能性を考える【日程・ビックマッチ・新日本・DDT】

現実になるのか否かまだ分からないケニー・オメガvs飯伏幸太のドリームカード。

ケニー選手はAEW世界王者、飯伏選手は初代IWGP世界ヘビー級王者です。

この二人が王者のまま向き合うということは、プロレス界にとって大きな話題をもたらすことは間違いない。

しかし、ベルトの有無云々、紆余曲折を経て二人が向かう合うだけでも価値のあることでしょう。

もしこの対戦が実現するのならば、ケニー選手が日本に行くか、飯伏選手がアメリカに行くかの二択になる。

個人的にはケニー選手が来日する方が確立が高い気がします。

 

ケニー・オメガは来日するの?

新日本プロレス&DDT(サイバーファイトグループ)

2021年5月29日(土)WRESTLE GRAND SLAM in TOKYO DOME(新日)
2021年6月6日(日)DOMINION 6.6 in OSAKA-JO HALL(新日)
2021年6月6日(日)CyberFight Festival 2021(DDT)

仮に5月29日のWRESTLE GRAND SLAMに参加すれば、翌週のCyberFight Festivalに参加出来る。

新日本とDDT(サイバーファイトグループ)のビッグマッチに出れる可能性が出て来るのです。

パンデミック化の中、せっかく来日するのならばゆかりのある団体のビッグマッチに出れるチャンスを逃すのかが疑問です。

単なる個人的な妄想に過ぎませんが、5月29日新日本、6月6日DDT(サイバーファイトグループ)への可能性もありそうですよね。

CyberFight Festival 2021の遠藤選手のカードもまだ発表されていませんし。

果たしてどうなることやら。

 

新日本プロレスとインパクトレスリングとの絡みは?

私見ではありますが、AEWと新日本とインパクトの協業で最も不安な状態にあるのはインパクトかも知れません。

AEWではジェリコとMJF、スティング&ダービーやの他様々なストーリーが進行中であり、ケニーのセグメントはそれらの一部です。

新日本もビックマッチのオンパレードであり、話題性や選手層も厚いので協業のため選手が抜けても揺るがない基盤がある。

ではインパクトはどうか。

現状、現場監督的なドンキャリスがAEWと新日本プロレス双方にプロモーションをかけている状態であり、それがなくなってしまったらヤバイんじゃない?という印象も。

メールかなんかでね、アメリカでしてくれ、なんて来てたね。インパクト(レスリング)って言うんだっけ?タイトルマッチ、アメリカでしてくれって話もちらほら出てきたりして。

(武藤敬司)

インパクトとしては今が勝負、団体問わず何がなんでも注目を集めたいのでしょう。

ただし、インパクトの所属レスラーが目立たなければ意味がない。

他団体の選手ばかりが目立ってしまうこの現状、インパクト所属のレスラーはどう思っているのか疑問です。

今後、オカダ選手やSANADA選手、内藤選手といったゆかりのある選手たちのインパクトとの絡みはあるのでしょうか?

でも、インパクト側の対戦相手が全く浮かばないんですよねw

 

ケニー・オメガはビッグマッチ限定と予想

2021年5月29日(土)WRESTLE GRAND SLAM in TOKYO DOME(新日)
2021年6月6日(日)DOMINION 6.6 in OSAKA-JO HALL(新日)
2021年6月6日(日)CyberFight Festival 2021(DDT)

前述したように、5月29日新日本、6月6日DDT(サイバーファイトグループ)の可能性がありそうな予感。

特に6月6日は新日本では大阪でドミニオンがあり、西と東を股にかけ、新日本とDDT(サイバーファイトグループ)をこの規模で盛り上げられるのはケニー選手しかいないでしょう。

あくまでも個人的な予想であり、何の確定情報もありません。

しかしながらもしそれが実現すれば、5月末から6月初めはプロレスファンにとって最高の期間になりますよね。

ここ最近ケニー選手も神格化されて来ました。

神vs神の壮大な戦いは実現するのかどうか、今後の展開を見守りたいですね。

※ブログ内でDDT(サイバーファイトグループ)と記載したのは、ケニー選手がDDTにゆかりのある選手だから、という理由です※

≪END≫

≫≫【ブログランキングに参加しています】クリックにて応援して頂けると嬉しいです!国内外のプロレス最新情報も読めます!

≫≫プロレス時評のTwitterはコチラ