般若プロレス時評

新日本プロレスとAEWの話題を中心にしたプロレスブログ

内藤哲也がベルト統一へ待った【ダブル選手権解体か?】

内藤哲也がベルト統一へ待った【ダブル選手権解体か?】

 

最強のベルト・IWGPヘビー級王座、そして最高のベルトIWGPインターコンチネンタル王座、この二つのベルトを統一したい。

このような壮大な目標をかかげチャンピオンロードを突き進む飯伏幸太。

統一案には批判の声が少なくはなく、それが原因なのかIWGPヘビー級・IWGPインターコンチネンタルダブル選手権試合は他の選手権の盛との盛り上がりの比較をされていました。

結果、飯伏選手はSANADA選手に勝利し、統一の夢は一歩近づいたと思われましたが、そこに現れたのは難敵・内藤哲也。

内藤選手の存在は、飯伏選手にとって大きな大きな「壁」となりそうです。

 

最大の試練は最大のチャンス?

内藤哲也はIWGPインターコンチネンタル王座のみに挑戦表明

俺が挑戦したいベルトは……インターコンチネンタル王座。その白いベルトに挑戦させてもらおうか。挑戦したい理由は簡単。“神様”飯伏幸太が掲げている2本のベルトを1本に統一したいというプランに反対だからだ。

(内藤哲也 新日本プロレス公式)

インターコンチネンタル王座が欲しいのではなく、統一したいというプランに反対という理由で飯伏選手の前に現れた内藤選手。

内藤選手らしく言い回しが独特です。

橋本真也選手と中邑真輔選手を敬愛する飯伏選手の気持ちもあれば、生粋の新日本プロレスファンである内藤選手にもベルトに対する想いはあるでしょう。

もしこの選手権試合が実現すれば、「ベルトへの想い選手権」が繰り広げられる可能性もある。

飯伏選手にとっては相当の難敵が現れてしまったわけです。

しかし、この大きな壁を超えられたらそれはベルト統一への説得力にもつながるかもしれません。

最大の試練は最大のチャンス。

しかし、気になるのは新日本プロレスがどう扱うか、ですよね?

 

静観が「過ぎる」団体サイド

まず、統一に関して公式はプレスリリースを出していません。

いわば、飯伏選手が「統一したい」と言っているだけで、SANADA戦も「IWGPヘビー級・IWGPインターコンチネンタルダブル選手権試合」として組まれました。

もし「IWGPヘビー級・IWGPインターコンチネンタル統一選手権試合」となれば、飯伏選手の意見を聞き入れていることになりますが、そうではない。

何が言いたのかというと、内藤選手が「ICだけに挑戦したい」と言っても、またダブル選手権試合になる可能性があるのです。

このところカード変更が頻繁にされる新日本プロレス。

その柔軟さを活かし、内藤選手の要望も聞き入れるのか否か注目が集まります。

また今回もしれっとダブル選手権試合になってしまうのでしょうか?

 

統一か解体か、ベルトへの想いを問われる試合

クールでシンプリストなSANADA選手となかなか討論が出来ず、ジュニアのヒロム選手やSHO選手に絡みだしていた飯伏選手。

その制御不能っぷりは、内藤選手には通じないかも知れません。

IWGPヘビー級王座とは何か、IWGPインターコンチネンタル王座とは何か。

「ベルトへの想い選手権」に発展しそうなこの二人、その舌戦も楽しみです。

個人的な意見を書くと、やはり新日本プロレスの公式見解が聞きたい。

今回の公式サイトの見出しの書き方も

前王者”内藤が登場! IWGP IC王座へ挑戦表明!【エンディング】

(内藤哲也 新日本プロレス公式)

となっており、「統一を阻止」というフレーズが見出しにないと言うことは、公式サイドは統一案に対してノータッチということです。

統一した方が祝福されるのか、或いは一本になった方が祝福されるのか。

内藤選手との試合はその大きな岐路になりそうです。

当ブログ的にはオカダ選手がベルト解体へ動くかなと思っていましたが、まさか内藤選手が現れるとは。

制御不能を取り戻しつつある内藤選手の言動も楽しみですね。

≪END≫

≫≫【ブログランキングに参加しています】クリックにて応援して頂けると嬉しいです!国内外のプロレス最新情報も読めます!

≫≫プロレス時評のTwitterはコチラ