般若プロレス時評

新日本プロレスとAEWの話題を中心にしたプロレスブログ

【ケニー・オメガと飯伏幸太】ゴールデン☆ラヴァーズの2020年をふり返る

2020年は2021年への布石?ゴールデン☆ラヴァーズの今

【ケニー・オメガと飯伏幸太】ゴールデン☆ラバーズの2020年をふり返る

 

一つの翼は王者となり、もう一つの翼はG1連覇達成

ケニー・オメガと飯伏幸太。

この二人の盟友はAEWと新日本プロレスという異なる団体で活躍しています。

ケニー選手はタッグ王者だったパートナー、ペイジ選手との関係を解消し、世界王者への挑戦状をかけたトーナメントを制したのち、モクスリー選手の持つAEW世界王者を奪取しました。

現在は他団体の同郷、ドン・キャリスをマネージャーにひっさげ、AEWをかき回しにかかっています。

そして飯伏選手。

年始はオカダ選手に敗れIWGP初戴冠はならなかったものの、棚橋選手とのタッグチーム「ゴールデン☆エース」でタッグ王者になりました。

タッグ王者陥落後に失速するかと思いきや、見事G1連覇を達成。

「神になる」という彼自身の言葉にもある通り、目指すは内藤選手から二冠を奪取する目の前までたどり着きました。

僕の個人的な考えですが、この二人のスケール感からすると2021年は今以上の活躍ができると思っています。

 

本領発揮の手前

片一方の調子が悪いと片一方の存在が浮かぶ。

片一方の活躍に不満があると片一方の存在が浮かぶ。

ケニー選手と飯伏選手の関係性は、ファンにそういった相互作用的なものを抱かせる稀有な選手です。

2020年は両者ともそれぞれ結果を出した年でもありました。

ケニー選手は団体のトップに上り詰め、飯伏選手はG1を制した。

しかし、まだ物足りない気もする。

ドン・キャリス氏とともに「俺たちがプロレス界を変えた!」と息巻くケニー選手ですが、それほど大きなムーブメントにはなっていない。

飯伏選手も「神になる」と豪語していますが、その神が何を意味するものなのか判然としないので、なかなか先が読めません。

両者とも大きな成果をあげつつも、まだ本領発揮ではないように見えるのです。

 

最高の2021年のために

僕は「団体推し」なので、特定の選手を追いかけるとか応援するということではなくプロレスを楽しんでいます。

しかし、ケニー・オメガも飯伏幸太も素晴らしいレスラーであることは間違いありませんし、現状よりもさらに活躍できるレスラーであるとも思っています。

片一方は王者となり、片一方は王者の寸前まで来ているというこの巡り合わせ。

もし飯伏選手がIWGPを奪取すれば、世界的な二つの団体の王者がゴールデン☆ラヴァーズという「奇跡」が待ち構えています。

この先も容易に交わることはないであろうこの二人ですが、その奇跡的な運命は彼らを後押ししているようにも見える。

2021年は二人にとって最高の年になることを願うばかりです。

≪END≫

≫≫【ブログランキングに参加しています】クリックにて応援して頂けると嬉しいです!プロレス界の最新情報も読めます!

≫≫プロレス時評のTwitterはコチラ