プロレス時評

新日本プロレスの話題を中心にしたプロレスブログ

【新日本プロレス】開幕直前「BEST OF THE SUPER Jr. 27」を征するのは誰?

いよいよ始まるジュニアヘビーの祭典「BEST OF THE SUPER Jr. 27」

【新日本プロレス】開幕直前「BEST OF THE SUPER Jr. 27」を征するのは誰?

 

開幕直前に迫った「BEST OF THE SUPER Jr. 27」を征するのは誰?

まずは出場選手から

15年連続17回目の出場 田口隆祐
初出場 マスター・ワト
3年連続3回目の出場 SHO
2年連続2回目の出場 ロビー・イーグルス
2年ぶり5回目の出場 高橋ヒロム(2018年優勝)
5年連続8回目の出場 BUSHI
2年ぶり4回目の出場 エル・デスペラード(IWGPジュニアタッグ王者
4年連続4回目の出場 金丸義信(IWGPジュニアタッグ王者)
2年連続2回目の出場 DOUKI
3年連続4回目の出場 石森太二(IWGPジュニアヘビー級王者)

普段は「箱」として新日本プロレスを応援しているのですが、今回はあえて特定の選手に注目してこのジュニアの祭典を楽しんでみたい。

それはSHO選手です。

凱旋帰国からYOH選手とともにタッグチームロッポンギ3Kとして活躍してきました。

ジュニアながらヘビーにも劣らないパワーとMMA的技術をあわせ持ち、闘志を全面に押し出したそのスタイルは、今年NEVER無差別級王座への挑戦にも繋がりました。

と、いうシングルの実力もさることながら、僕が注目したいのはその「実直さ」です。

 

際立つ「ピュア」なレスリング

これは時勢の流れもあると思うのですが、昨今の新日本プロレスのリングの流れとは一線を画すSHO選手の実直なレスリング。

先輩レスラーからは「感情がない」とYOH選手とともにこき下ろされることが多く、僕もそのような見方をすることもありました。

しかし今、ドラマチックな流れが多い新日本プロレスの中で、派手さがなく実直なSHO選手のレスリングは響くものがある。

ちょうどそれはG1で見せたSANADA選手のような姿勢です。

時流のドラマチックな展開も悪くない、でも確かな技術や力強さなど、プロレスのピュアな部分を存分に見せてくれる選手がSHO選手であったりSANADA選手であったりするのかも知れません。

 

目指すは頂点・IWGPジュニアヘビー級王座

ポッドキャストでもSHO選手本人が言ってた通り、欲しいのは「100キロ以下のベルト」=IWGPジュニアヘビー級王座です。

今まではタッグ屋とか、NEVERに挑戦した云々、ジュニア戦士として掴み取りたいのは新日本プロレスの頂点ですよね。

ヘビー級も含めですが、現在の流れと一線を画す新たなチャンピオンの誕生が見たい。

そしてまたSHO選手が頂点にたった時、相棒のYOH選手も「また違った形」で輝きを見せるのかも知れません。

YOH選手のケガもあり今すぐは無理かも知れませんが、いつの日か東京ドームでSHO選手とYOH選手がジュニアの最高位をかけ戦う姿を見てみたいですね。

「BEST OF THE SUPER Jr. 27」はSHO選手に期待。

≪END≫

新日本プロレス関連の記事はこちら
AEW関連の記事はこちら
コラムはこちら
Twitterのフォローはこちら

↓タップにて応援して頂けると嬉しいです!他のブロガーさんも記事も読めます↓