オカダ・カズチカが日本財団災害復興特別基金に500万円を寄付

レインメーカーを超えて

既に様々なメディアで報じられているオカダ・カズチカの寄付のニュース。

headlines.yahoo.co.jp

レスラーという枠を超え、人間オカダ・カズチカとして尊敬すべき行動です。

私が目を通した限りの複数メディアでは「医療従事者に金の雨を降らす」的な表現は使っておらず、私もそれは”適切”だと思います。

今回の寄付に限らず、数年前から「レインメーカー基金」を設立しているオカダ・カズチカ。

その内容はレインメーカーで勝利すると3万円を「がんの子どもを守る会」に寄付するという基金です。

現在活動自粛を余儀なくされている新日本プロレスは、試合すらできない状況であり、ゆえに”レインメーカー”も見ることはできません。

しかし、試合がない状態でもこういった社会的な貢献をするオカダのニュースを見聞きし、医療従事者ならずとも、プロレスファンならずとも勇気をもらった方はいることでしょう。

▼Twitterのフォローはこちら。記事更新のツイートがメインです。
 

▼はてなブログの読者登録はこちら。