【自粛要請を考える】新日本プロレスの”出口”とは何か

新日本プロレスの出口とは何か

コロナウィルスによる影響で興行の自粛を余儀なくされている新日本プロレス。

外国人選手(タマ・トンガ、エル・ファンタズモ)や同じブシロードグループ内のスターダムの選手からの発言にもある通り、報酬は選手に継続的に支払われている様子。

無観客試合を開催している団体もあり「プロレスをする」という行為自体には問題はないのでしょうし、そこに是非はありません。

とは言いながらも、この自粛期間に出口があるとしたら、一体それは何なのだろうと考える方も多いはず。

ライブエンターテイメントとして新日本プロレスが再開する日はいつになるのでしょうか?

 

観客の有無、そして東京

www.prowres-jihyo.com

以前書いたこの記事でも、私は興行再開において観客の有無を中心に考えています。

簡潔にいうと、無観客の状態では興行はしない、お客さんが入っても良い安全性が担保出来る状態になってから興行をするだろう、という内容。

「簡易検査キットの早期普及」を要請したことはそういったことを踏まえてのことでしょう。

そして、棚橋弘至の

試合ができないことで今後の生活にも不安がありますが、メジャースポーツといわれるプロ野球やサッカー、大相撲が再開していくなかで、プロレスは“しんがり”一番最後でもいいんじゃないかなと思います。プロレスができるようになった時が、日本のエンタメ業界の復活となるんじゃないかと思ってます。
(引用:スポーツ報知)

この”しんがり”発言をみても、新日本プロレスがいますぐ試合をするとは想像できません。

そして、東京という地。

全国的に新規感染者の差が顕著になっている今でも、全国的に自粛は延長されました。6月になれば段階的に解除はされていくとは思いますが、新規感染者の大半を占める東京が6月に自粛解除になるとは想像しにくい。

となると、新日本プロレスも今のこの状況がそのまま6月も続くのではないか、という考えも浮かびます。

じゃあこっそり団体ごと他県に移動しちゃお(*´▽`*)

という問題でもありませんし、倫理的にどうなの?という炎上にもつながりかねない。

全ては5月末での感染者の推移や感染対策の強化によって変わってくるでしょうが、”しんがり”=出口はいつになるのか。

内藤哲也の「俺が出すアイデア」とはなにか

新日本プロレスのいちファンとして、私は「早く興行して!」とは思っていません。

新日本プロレスの方針があり、今与えてくれるコンテンツを楽しむこと、このスタンスを持続して行こうかなと。

ただ、現IWGPヘビー級王者の「俺の出すアイデア」も気になるところです。

それが新日本プロレスという団体を動かそうとするアイデアなのか、はたまた彼個人で動くアイデアなのかは不明ですが…。

www.prowres-jihyo.com

興行開催云々は保留しつつも、野党的な立ち位置で木谷オーナーにツッコミを入れるアングルなんかも期待してみたり。

”しんがり”からの大逆転に期待

慎重姿勢を崩さない新日本プロレスは、プロレス界の中でも最後に興行を開催する可能性があります。

私が思うに、新日本プロレスは国の対応と足並みをそろえつつ興行の開催に踏み切るのではないでしょうか。

これは新日本が国の指示に成り下がるという意味ではなく、日本最大手の団体としてある程度国と足並みをそろえる部分も必要なのでは、という私個人の見解からです。オーナー自身が国との折衝をしているわけですしね。

いずれにせよ、5月末時点での感染に関する様々な推移が”出口”の鍵になってくるでしょう。

プロレスは“しんがり”一番最後でもいいんじゃないかなと思います。プロレスができるようになった時が、日本のエンタメ業界の復活となるんじゃないかと思ってます。
(引用:スポーツ報知)

タマ・トンガ曰く新日本プロレスのリーダー、団結力の中心である棚橋弘至のこの言葉に期待し、今はSTAY HOMEを続けることこそが”出口”に近づく方法なのかも知れませんね。

▼Twitterのフォローはこちら。記事更新のツイートがメインです。
 

▼はてなブログの読者登録はこちら。