続・矢野通というジャンルについて

矢野通というジャンル

ライガー、高橋ヒロムに続きYouTubeチャンネル『矢野通プロデュース!!』を開設した矢野通。

リング上では彼にしかできないプロレスを展開し、群雄割拠の新日本プロレスの中でも確かな存在感を放っているレスラーです。

www.prowres-jihyo.com

以前私はこのような記事を書きました。

アマレスエリートで有りながら、レスリングにこだわることなく柔軟にスタイルを変え確固たる地位を築いた彼。今やそのスタイルは「矢野通というジャンル」になってるのでは?という記事です。

そんな矢野通のYouTubeチャンネル『矢野通プロデュース!!』を見、私が感じた独断と偏見を書いてみます。

抜群の進行力

新日本プロレスが自粛期間の今、ワールドやYouTubeなどで「レスラーを見れるだけでも幸せ」というファンは多いでしょう。

しかし、自粛が続いていくと、その動画にも質を求めてしまうことは視聴者として自然なことです。

その点矢野通の進行力は良い。

ついついダラっとしてしまいがちなライブ配信でも、サクサクと話題が進んでいく。なので、視聴する側にもメリハリがあって良い。

それと、意外に感じたのは「照れ屋さん」ではない、ということ。リング上でもケイオスの企画でも矢野通はちょっとシャイなのかなと思っていた反面、YouTubeではそうではなかった。

声もとおるし活舌もいいので聞きやすい。ラジオ的な聞き方をしてもまったく問題のない配信になっています。

それと言葉遣い。

リング上で見せる言葉遣いとは裏腹にどこか品のある感じに聞こえるのは、良い悪いは別としてスパルタだったお父さんの影響もあるでしょう。

こういうギャップを見せられるとますます魅力度UPですねw

 

新日本プロレス 矢野通
柔らかい表情で淡々と語る矢野選手

起業家矢野通の一面もみたい

ライブ配信ではビジネスについても語りたいと言っていた矢野通。

プロレスラーでありながら水道橋のエブリエターズの経営者でもあるので、どのようにビジネスを考えているのかも興味深いところ。

アマレスエリートから今のプロレススタイルへの変貌と、彼のビジネスに対する思考にはどこか接点があるかも知れない。考えるだけでも楽しみです。

現在プロレスラーの様々なYouTubeチャンネルや配信がありますが、この『矢野通プロデュース!!』もおすすめです。

特にライブ配信は抜群の進行力のおかげでサクっと聞けるコンテンツになっているので、車中でラジオ感覚で聞いても良いかも知れませんね。

▼Twitterのフォローはこちら。記事更新のツイートがメインです。
 

▼はてなブログの読者登録はこちら。