【週刊プロレス】トップ会談を読んで

プロレスとは何か

4月15日に新日本プロレスの木谷オーナーの音頭のもと国へと提出された要望書。

その流れで実現したプロレス界の”トップ会談”(正確にはトップ会談with馳浩議員)。

そのトップ会談の様子が週刊プロレスの記事になっていましたが、馳議員の例の一件が頭をよぎり紙面の文字が脳内に入ってこない…。

しかし、せっかく棚橋弘至と諏訪魔という新日本プロレスと全日本プロレスのトップレスラーが揃ったのだから、と気持ちを切り替え読んでみました。

読んだ限りでは、少々神妙な空気感もあったのかな、というのが素直な感想です。

省庁の見解

有事に備え統一機構があった方が、まとまった意見を国に伝えやすい。

なので統一機構設立への呼びかけ自体は間違いではないと思います。

しかし、この会談を読み私が「神妙な」と表現したのは、経済産業省の言った

「プロレスはスポーツなのか興行なのか(スポーツ庁側の見解)」

という問題です。

その答えによってスポーツ庁のかかわり方も変わってくる。

このことに関して事前にすり合わせはできていたのかな、という意味での「神妙な」です。

会談に臨んだレスラー二人も「え?今それ言われても(汗)」となったのでは?

ライブエンターテイメント

プロレスはライブエンターテイメント。

私はプロレスを極上のエンターテイメントとして楽しんでおり、そしてまた一歩間違えば死に至るような境界でプロレスをし続けるレスラーに畏敬の念も持っています。

しかし、皆が皆そういう風にプロレスを見ているわけではなく、見方は人それぞれですし、そこに良い悪い、正解不正解はありません。

でも、ちょっと踏み込んで蓋をあけてみると国としても

「プロレスはスポーツなのか興行なのか」

という判断保留の状態です(或いは気遣いか)。

これまで実現しそうでならなかったプロレス界の統一機構というものへネックだったのは、そんな部分にもあるのかなと考えてみたり。

やはり、こういった公的な理解も含め、新日本プロレスの上場はひとつの鍵になってくるのかも知れません。

いずれにせよ、レスラーが安心してプロレスが出来、続けられる状態になってくれることを願うばかりです。

▼Twitterのフォローはこちら。記事更新のツイートがメインです。
 

▼はてなブログの読者登録はこちら。