【待望される生え抜きの2人】新たな刺激となりえるか?川人拓来と岡倫之

現在海外遠征中の川人拓来と岡倫之。

川人拓来はメキシコCMLLで「カワトサン」なるリングネームで活躍しており、CMLL世界スーパーライト級王座を獲得しています(のち陥落)。

一方の岡倫之はイギリスのRPW(レボリューション・プロレスリング)にて"ドミネーター"(支配者)グレート-O-カーンとして活躍しています。こちらもRPWブリティッシュ・タッグ王座をはじめいくつかのベルトを獲得するなど、順調な様子。

日本時代とは姿も内面も大きく変わった二人に望まれるのは、新日本プロレスへの「新しい刺激」です。

WWE⇒新日本のような流れが定着しつつあったここ数年の新日本プロレス。海外の大物レスラーの参戦は「外」に対するアピールとして最高のプロモーションですが、「内」からの突き上げもまたみてみたい。

新日本プロレス生え抜きのレスラーの躍動する姿、そしてドラマは2020年内に生まれるのでしょうか?

【待望される生え抜きの2人】川人拓来と岡倫之

川人拓来

私は以前川人拓来についてこのような記事を書いています。

www.prowres-jihyo.com

いわば彼の未来を妄想的に書いた記事ですが、大阪出身のレスラーとして、万博に向けて盛り上がっていく関西とともに新日本の主役の一人になって欲しい、というもの。お時間のある時にでも読んでくれたらうれしいです。

話しを戻すと、もし彼が凱旋帰国をするのならば、ベビーなのかヒールなのか。

新日本プロレスのジュニア戦線において、棚橋弘至のような完全に「善」のエース的な存在がいなくて久しい。待望されるエースですが、果たして川人拓来は「善」の絶対的な存在になるのか?

或いは、もはや恒例と言っても過言ではない凱旋帰国後のヒールユニットへの所属。たしかにヒールの方が「なんでもやれる」というアドバンテージは広がるでしょう。正統派で売って駄目だったからヒールよりも、ヒールで駄目でもヒールの方がリスクヘッジにもなりますしね。

今年のスーパージュニアは近年まれにみる様々な選手にチャンスのある大会になると思います。前年度のファイナリストの二人(オスプレイ・鷹木信悟)がヘビー級に転向し、トップの高橋ヒロムはジュニアヘビー級の王者です。がらあきの挑戦者の枠に誰が飛び込むのか?

ここで川人拓来が帰国からの優勝で、大阪城へのタイトルマッチへ向かうのか?或いは彼の帰国はまだおあずけなのか?

私としては、彼の地元大阪での”川人拓来ショック”なるものも見てみたいですね。

岡倫之

私は岡倫之に関してもこのような記事を書きました。

www.prowres-jihyo.com

自分で書いててもちょっとふざけ過ぎたかな?と思う記事ですが、こちらもお暇な時にでもどうぞ。オカダ戦が実現したら、とかも書いてます。

"ドミネーター"(支配者)グレート-O-カーン

レスリングのみならず、ファッションやサブカル的な趣味も併せ持つグレート-O-カーン。

私が彼に期待することは、その屈強な身体から繰り出される圧倒的なプロレスとは別に、プロレスの「面白さ」の部分の一つ、自己プロデュースの部分です。

どんなギミックで、どんな方法論でプロレスをするのか?

アマレスエリートがプロレスでエリートになかなかなりにくいのは、どこかに真面目な部分があるからなのかも知れない。或いは、「レスリング」というものに対して「ふっきれない何か」が邪魔をしているのかも。

いわば、キャラクターが大事になってくると思うのです。

彼の帰国はG1でしょうか?或いは大阪城にサプライズとして?ワールドタッグリーグ?ドームまで引っ張っちゃうの?

前述した川人拓来同様、私的には早めの帰国を望んでいます。それはなぜか?

2020年はドメスティックな新日本プロレスでもいいのでは?

コロナウィルスの影響で興行中止が続き、ビジネスとしても減益が見込まれる新日本プロレス。ドーム2連戦でプールした貯金も、このような形で使ってしまうとは想定外だったはず。

海外での興行、或いは海外からのレスラーの派遣も危ぶまれている中で、思い切ってドメスティックな方向に切り替えるのもありなのかなと。

勿論ビジネス的に難航することは確かですが、国内に焦点を絞るということは、溜まった国内ファンの熱に対して正面からこたえられるというチャンスでもあると思います。

海外の大物参戦も素晴らしい、でも、生え抜きの若いレスラーが爆発する姿もみてみたい。

これが、川人拓来と岡倫之の帰国が早まってもいいのでは?と私が思う理由です。

まとめ 

世間では社会的なことへの様々なうわさが流れています。

オリンピック中止後にロックアウトがくる、とか、オリンピックは無観客で行われるとか、リーマンショックの何倍もの不況がくるとか。

こういった中で厳しい状況になっていくであろうライブエンターテイメント業界ですが、社会的な浮き沈みはどんな時代でもあり得ることなのでいたし方ないこと。

よって、徐々に興行が再開されているプロレス界も、いつまた興行が中止になるのかもわからない状態です。

新日本プロレスがかたくなに拒否をしても、無観客試合をやらざるを得ない時もくるかも知れない。

こういったダークな雰囲気が蔓延する中、既存の選手の躍動に期待する気持ちは勿論ですが、「新たな刺激」でより勢いづいていく新日本プロレスにも期待してしまう自分がいます。

2人の凱旋帰国はいつになるのでしょうね