内藤”2冠”政権はいつまで続くのか?新日本プロレスの今後の展望は如何に

 

 

f:id:desfleurs:20200315012118j:plain

興行の開催中止から、当ブログでは再開後の展望などを記事にしてきませんでした。

それは、いつ始まるかもわからないことに対して何を書けばいいのかわからない、という単純な理由からです。

しかし、あれやこれやと妄想してしまっていることも事実。

この記事では年始からこれまでの経緯を踏まえ、今後の展望を考えて行きたいと思います。

やはり注目は内藤哲也ですね。

(画像出典:新日本プロレス 公式サイト)

 

 

不本意な2冠王者

新日本プロレスの中心として

ジュニアヘビー級を軽視するわけではありませんが、やはり現在新日本プロレスの興行の中心に立つものと言えばIWGPヘビー級チャンピオンです。

前回の短期政権時とはまったく異なったシュチュエーションを迎えた内藤哲也には、大きな責務がのしかかっています。

まずは、興行中止によるファンのフラストレーションを凌駕するチャンピオンにならなくてはいけないこと。

そして、興行をしめる存在として、何をファンに伝えるのか、ということ。

棚橋弘至オカダ・カズチカはどちらかと言えばリング内と外(世間)を意識した発言が目立ちますが、内藤哲也はリング上に重きを置くレスラーです。

しかし、プロレス界がこういった状況にあって、新日本プロレスIWGPヘビー級チャンピオンが、しかもダブルチャンピオンがどのような言動をするのかは世界的にも大きな注目でしょう。

チャンピオンとしてプロレスが出来ない、いわば不本意な状態にある内藤哲也ですが、スマホサイトの最新の日記にもある通りここは「トランキーロ」という彼の言葉を信じ、興行再開後の彼の活躍を期待したい。

 

 

王者の前に立ちはだかるのはオスプレイ?それともEvil?

ニュージャパンカップで大きな注目を集めていたEvil。

当ブログでも

www.prowres-jihyo.com

 

www.prowres-jihyo.com

といういわば「プッシュ」する記事を書いていました。

しかし、ニュージャパンカップが開催されるのか否かわからない状態で、どのように彼が巻き返していくのかが注目です。「優勝」という交通手形も大事ですが、闇の王として暴れまわる彼も見たいですね。

そしてウィル・オスプレイ

ヘビー級に転向宣言をし、インタビューでは体重を100キロまで持ってくと公言しています。ジュニアヘビーにプライドを持ってきた彼の口から100キロ宣言が出るということは、ジュニアという階級に対してのリスペクトも感じられますよね?

先シリーズで内藤哲也とちょっとした場面を作った彼の動きは、果たして内藤哲也vsウィル・オスプレイというドリームマッチにつながるのでしょうか?こちらも俄然期待です。

 一方、ともに新日本プロレスのジュニアを引っ張ってきたオスプレイがヘビー級に転向し、独走状態とも呼べる体制を作りつつあるIWGPジュニアヘビー級王者・高橋ヒロム

そのあまりの存在感に「誰が対峙するの?」という状況ですが、私はあえて「新日本らしい」戦いを期待したい。

例えばエル・デスペラードとのシングルマッチに見られた「ヒリヒリ」とした感じ。そういったTHE・新日本プロレスジュニア的な戦いを見たい。現在鈴木みのるへ挑発をしている逸材・上村優也などとの絡みも面白いかも知れないですね。

ここで私が気になるのが、BUSHIの存在です。

 

 

 

BUSHIはどうする?

内藤政権、いやロスインゴ政権と言っても良いほどベルトが集まりまくっているロスインゴベルナブレスデハポン

ネバー六人タッグのベルトは持ちつつも、丸腰のSANADAと比べやや存在感の薄いBUSHI。

同じユニットの高橋ヒロムがジュニア王者として君臨する中、彼はどんな動きを見せるのか?仮にヒロムが長期政権を築けば、新たなタッグパートナーも必要になってくるのかも知れない。

ロッポンギ3K、デスペ金丸が中心となっているジュニアタッグ戦線に「新たな刺激」をもたらすことが出来るのかも注目ですね。

そして、棚橋弘至飯伏幸太のゴールデンエースがタッグ王者として君臨するヘビー級のタッグ戦線。

今のところタイチザック組とのタイトルマッチが予想されますが、ザックはIWGPUSヘビー級王者のジョン・モクスリーを意識し、飯伏幸太タンガ・ロアを意識しているという混沌とした状態です。

モクスリーはAEWの世界王者でもあり、まったく先が読めない展開になりつつありますよね。こういった既定路線感のない展開はファンにとってはうれしい限りですw

 

 

内藤”2冠”政権はいつまで続くのか?

私としては、長期政権の鍵はインターコンチだと思っています。

仮に内藤哲也への挑戦権をゲットしたレスラーがいて、そのレスラーがあえて二番目のベルトに向かうのか。

かつて2014年のニュージャパンカップで優勝した中邑真輔がヘビーではなくインターコンチへの挑戦を選択した状況がまた訪れるのか?

或いは二冠ごともぎ取ってしまう状況が生まれるのか?

内藤哲也も大変ですが、対峙する相手にもそれ相応の展開力が求められるでしょう。

新日本プロレスには

IWGPヘビー級王者内藤哲也 vs 挑戦者棚橋弘至

という新日本プロレスの歴史に刻まれるであろうキラーカードが残っています。

個人的には、このカードが長期政権の鍵になれば面白いのですが…。

今の状況ではまったく考えられませんねw

興行の再開はいつになるのか現段階では不透明ですが、再開後の選手の爆発に期待しましょう。

 


プロレスランキング

 

 
スポンサーリンク