プロレスファンはどんなYOSHI-HASHIを見たいのか?

 

 

f:id:desfleurs:20200110203020g:plain

心優しいプロレスラー、YOSHI-HASHI

真面目で、朴とつで、親しみのあるキャラクター。

内藤哲也飯伏幸太と同世代で、熊殺しなる異名をも持つレスラー。

しかし、いまいち結果が出ていない現状。

私もこのブログで度々彼について触れてきましたが、それは彼が弾ければプロレスがもっと面白くなる気がするからです。

果たしてプロレスファンはどんなYOSHI-HASHIを見たいのでしょうか?

(画像出典:新日本プロレス 公式サイト)

 

 

ヒールなのかベビーなのか

棚橋弘至の期待

棚橋弘至の口からたびたび出て来るYOSHI-HASHIへのエール。

同世代の内藤や飯伏、下からのつきあげに悔しくないのか?

しかし、今現在YOSHI-HASHIがそういった棚橋弘至の期待に応えられているかと言えば、そうは言い難い。

プロレスと言うジャンルは難しいもので、必ずしもアマレスエリートが成功するわけでもないし、イケメンが人気がでるわけでもない。

いわば「ハマった」時からそのレスラーの旬が訪れるわけで、それはヒールもベビーも関係ありません。

このまま良い人路線でいくのか、幻に終わったヒールへの転向はあるのか。

私は、ヒールのYOSHI-HASHIがみたい。その理由を続けます。

 

 

オカダの「冷たさ」に震えた試合

2018年7月27日、静岡・アクトシティ浜松での第10試合、オカダ・カズチカ VS YOSHI-HASHI

これは「G1 CLIMAX 28」Aブロック公式戦の一つでしたが、私の好きな試合の一つです。

前哨戦から不穏なムードを漂わせるYOSHI-HASHIと、「え!なにその感じ?(汗)」といった感じのオカダ。流れ的にYOSHI-HASHIの狂気がみれるのでは?という期待感の大きかった試合でした。

オカダがYOSHI-HASHIにTシャツをなげ、彼の感情を逆なでするように始まった試合は、やはりYOSHI-HASHIのラフファイト気味な出だしで始まりました。

で、状況を回復し一通りYOSHI-HASHIに制裁を加えたあとのオカダのこの表情。

f:id:desfleurs:20200309112540j:plain

冷てーw

実況の金沢さんの

「上から目線でもないんですよね。冷た~~~~い視線なんですよね」

という言葉にも納得。

このオカダのYOSHI-HASHIに対する哀れみ、儚さ、期待感ゼロ、お前が俺に勝つのは無理ゲー的な表情が「秀逸」です。

私は普段からマシーンのように試合を組み立てていくオカダ・カズチカも覇王感があって好きですが、このように冷徹な表情のオカダ・カズチカもまた魅力的に感じます。

でも、このオカダの表情を引き出したのは、YOSHI-HASHIなんですよね。

私はこの試合を観ながら「YOSHI-HASHIに勝って欲しい」という気持ちになりました。勝利はできなくとも、反則でもなんでも良いからインパクト残して欲しい、とも思いました。YOSHI-HASHIのプロレスにグッと引き込まれた瞬間でしたね。

 

 

 

見せ場はあっても続かない現状

ケニー戦、エルガン戦、オカダ戦、棚橋戦

その勝敗に関わらず、節々で印象的な言葉やアクションを残すYOSHI-HASHI

問題は、それが続かないこと。

ある程度認知されるまでは、たとえそのストーリーが終わっても言い続けることが大事。それで周囲に嫌われても、です。

我こそはベストと言い続けたケニー、「愛してます」を続けた棚橋、トランキーロと続けた同級生…

YOSHI-HASHIの印象がぶつ切り状態になってしまうのは、起こしたアクションを続けられない現状があるからかも知れません。

熊殺しの異名を名乗るということは、きっかけになったエルガンも巻き込んだということ。アレ一回だけのための異名ならば、YOSHI-HASHIに敗北したエルガンへのリスペクトにも欠けるのでは?

 

 

怒ったYOSHI-HASHIが見たい。

もしYOSHI-HASHIがあの伝説の猪木問答の場にいたら。

猪木「YOSHI-HASHI、お前は怒ってるかい?」

と聞かれて彼はなんと答えるのか。

棚橋弘至YOSHI-HASHIへのエールは、遠回しに棚橋版の問答にも見えなくはないですよね?

私は怒ったYOSHI-HASHIが見たい。オカダ・カズチカをあんな表情にさせたあのYOSHI-HASHIが見たい。

ベルトの戴冠云々だけではなく、プロレスラーは記憶に残ることも大事です。

毎年期待していますが、今年のYOSHI-HASHIにも期待したいですね。

 


プロレスランキング

 

 
スポンサーリンク