プロレス時評

新日本プロレスの話題を中心にしたプロレスレビューブログです。

EVILの”優勝宣言”とその覚悟

EVILの優勝宣言

勝負所で結果を残せていない男、EVIL。

それをビッグプッシュへの「タメ」と解釈しても良いのですが、やはり結果がないとファンの求心力も低下していくのは事実。

興行における善戦マンとして、中堅として。

そんな役割はEVILも望んでいないでしょう。

この記事では、スマホサイトの日記にて発せられた彼の”優勝宣言”とその覚悟を考えてみます。

トップ選手の間で苦しむEVIL

内藤哲也、SANADA

その不遇時代を含めても、内藤哲也は新日本プロレスにおけるエリートでありトップ選手です。

運動能力やプロレスセンスと、各種ベルトの戴冠やG1での優勝などが相乗効果をなし、彼を唯一無二の存在に押し上げていますよね。

そしてSANADA。

彼も結果が出ていないと言われながらも、渡り歩いてきた団体では常にトップ選手扱いでした。

過去内藤哲也が「リング上で向かい合う存在」としてSANADAを認めていることからも、業界を背負っていくレスラーの一人と見なされている存在でしょう。

ヘビー級戦線の中で、初期ロスインゴを彩っていた内藤、EVIL、SANADA。

しかし、内藤哲也の存在感は増すばかりであり、SANADAはオカダ・カズチカのライバルとしての地位を着実に固めつつあります。

この二人の間にいるだけでも存在感を示していくことは容易ではない状況の中で、さらに鷹木信悟という逸材が追加されました。

鷹木信悟

ドラゴンゲートのトップ選手という肩書をもちながらも、彼のプロレスをあまり知らない新日本プロレスのファンが多かったことも事実。

鷹木信悟はそういった状況を一気に跳ね返しましたよね。

スピード、パワー、表現力、はっきりとしたマイク、主張、相手へのリスペクト。

自分がコケればドラゴンゲートも舐められてしまう、という強い意地も感じられ、まさにファンに感情移入をもたらすプロレスラーです。

オスプレイ戦でのアクロバティックな攻防に対応できる俊敏さ、そしてG1の内藤哲也戦で見せた容赦ない攻撃とリスペクト。

鷹木信悟ってすげぇ=ドラゲーってすげぇ団体なんだな

彼を知らなかったファンで素直にこう思った方も多いのではないでしょうか?※僕はその一人です※

内藤哲也、SANADA、鷹木信悟。

この猛者の中で、果たしてEVILはその存在を輝かせる、いやよりダークネスにするとが出来るのか?

それではこの記事のタイトルにもある”優勝宣言”について触れてみましょう。

優勝宣言はNEW JAPAN CUPへの布石?

NEW JAPAN CUP、とは言ってないけれど…

ひとつさきの狙いは…優勝。それだよな…巻き返してやる。
(引用:新日本プロレススマホサイト)

ひとつさきの狙い、というのならば、それはNEW JAPAN CUPだと思います。

そこを制覇し、内藤哲也の持つベルトに向かう。

仮にこういった流れがあったとしても、大事なのはその過程です。

IWGPを目指す

ダークネスに染める

その言葉にプラスアルファの何かが欲しい。

ジェイ・ホワイトと内藤哲也の関係を見れば、ジェイに唾をかけられた内藤は心底嬉しかったはず(変な意味ではなくて)。

先輩相手に遠慮することなく自分のプロレスをぶつけてくるジェイやヒロムの存在は、現在のEVILがさらに躍動する大きなヒントになるのかも知れません。

それは単にグータッチを拒んで先にリングを去るということではなく、より具体性がある行動、それが必要なのではないでしょうか。

真の”王”に向かって

キングオブダークネスという異名を持つEVIL。

王と言うからには、その王朝を築き上げなくてはいけません。

その王朝のためには、目の前の王=内藤哲也を倒す、まずはそれが先決です。

プロレスとは、リング上での上手さ=結果とはならないジャンルです。

しかしながら、結果を出してもそれがファンに受け入れられるか否かわからない、というのもプロレスです。

スピード、パワー、受け身の上手さ。

ともすると「使い勝手の良いレスラー」となってしまうかも知れないEVIL。

2月14日のスマホサイトの日記にて優勝を宣言したということは、彼の中での覚悟がもう始まっている、ということになるでしょう。

僕としては、優勝も大事ですがもっとダークになったEVILも見てみたいですね。