プロレス時評

新日本プロレスの話題を中心にしたプロレスブログです。

内藤哲也はいつベルトを腰に巻くのか?

その腰にベルト巻くのはいつ?

内藤哲也はいつベルトを腰に巻くのか?同様の疑問や期待感を持っている方は多いでしょう。

それは「デハポン」を東京ドームで叫べなかったファンの、もう一つの夢なのかも知れません。

いったい内藤哲也はいつその腰にベルト巻くのでしょうか?

二冠戦、IWGPヘビー奪取、大合唱

今回の東京ドーム大会で、内藤哲也ファンが期待したことは、

二冠戦、IWGPヘビー奪取、大合唱

この三つが主なものではないでしょうか。

僕は特に推しの選手がいるわけではありませんが、内藤哲也とオカダ・カズチカの一つの区切りのようなものとしてこの二人の二冠戦は観たいと思っていました。

そしてまた、彼が子供の頃から好きだった新日本プロレスのIWGPヘビーのベルトを腰に巻く姿にも期待していました。

ザ・グレート・ムタがベルトを引きずって入場する姿に影響され、ベルトをずるずると引きづって入場する内藤哲也。

でも、そろそろ腰に巻いても良いんじゃないのと思う僕。

ゆえにこんな妄想もするわけです。

「あこがれの武藤敬司がリング上にあがり、ベルトを巻いてあげる。」

「アニマル浜口がスラムダンクの三井編のように会場に現れ、内藤哲也が泣き崩れ、アニマル浜口がベルトを巻いてあげる」

結局武藤は解説に居ず、アニマル浜口も現れませんでした…w

僕は、内藤哲也が自らベルトを巻くというよりも、誰かに巻いてもらった方が盛り上がる、と思う派です。

かつての憧れの存在 棚橋弘至

なんとなく棚橋弘至戦を匂わせるようなそぶりを見せる内藤哲也。

過去のインターコンチ戦での棚橋弘至への「一礼」によって、2人の関係はひとまず区切りを迎えたと認識したファンも多いことでしょう。

ですが、やはりこの二人のIWGPヘビー級王座戦が観たい。

内藤が防衛を続け、棚橋にチャンスが巡ってきたら、内藤哲也が王者として棚橋を迎える形となりますよね。

かつて憧れた棚橋弘至を、IWGPヘビー級王者として迎える内藤哲也。

この絵が完成してはじめて

「早く俺のところまで来い」

と言った棚橋弘至の言葉に、内藤哲也は答える形になるのかも知れませんよね。

2人のエピソードを振り返れば「ドラマ」のようなベタなストーリーと思うファンもいるかも知れません。

僕は内藤と棚橋に限らず、こういうわかりやすいストーリーは好きです。

そういう芯がある関係性や展開がないと、「裏切」とかも生きてこないですし。

KENTAの柴田への裏切が衝撃的だったのは、2人のストーリーがしっかりしていたから、ですよね。

全ては彼の手のひらの上?

新日本プロレスのレスラーだから、必ずベルトを腰に巻かなくてはいけない、というルールはない。

もしかすると内藤哲也はこのまま一度もIWGPヘビー級王座を腰に巻かないまま現役を終えるかも知れないし、そういうプロレスラーもいて良いのかも知れません。

ファンが望むものと、プロレスラーが望むもののズレ。

これもまたプロレスの面白さであり醍醐味です。

ベルトをずるずる引きずって歩く内藤哲也のこだわりにストップをかけるのは誰?或いはきっかけは何なのでしょうね。