新日本プロレス-内藤哲也

もし“トランキーロ”が流行語大賞になったら

感染症対策は仕方のないこと。ファンの皆様の心を和らげるべく、明るい内容の記事を書いてみました。気分転換に読んで頂ければ…。

内藤哲也のいら立ちに、飯伏幸太との「あの場面」を思い出す

KENTAを相手に防衛を果たした内藤哲也。しかし、バックステージではあるいら立ちを隠せませんでした。そのいら立ちの理由とは?

KENTAに「思っていることを口に出された」内藤哲也

「思っていることは口に出さないと、誰にも何も伝わらない」をKENTAにやり返された観のある内藤哲也。延々と続く舌戦の先には、何があるのでしょうか?

内藤哲也とKENTAと平澤光秀

成功と挫折は誰しも経験すること。内藤哲也とKENTAの舌戦を通して、プロレスラーにとっての成功と挫折を考えてみました。

内藤哲也はいつベルトを腰に巻くのか?

グレート・ムタの影響でベルトをずるずると引きずって歩く内藤哲也。彼の腰にIWGPヘビーのベルトが巻かれる日は来るのでしょうか?

サッカーシャツと内藤哲也とルーシュとロス・インゴベルナブレス

ルーシュ不在のCMLLとの合同興行ファンタスティカマニア。ロス・インゴベルナブレスと内藤哲也にとって、彼の不在は何を意味するのでしょうか?

内藤哲也のスターダストプレスはなぜ炸裂したのか

不遇時代のフィニッシャーを炸裂させた内藤哲也。それはオカダ・カズチカと彼のストーリーとも関係があるのかも知れません。

【グランド・フィナーレ】 オカダ・カズチカ vs 内藤哲也

オカダ・カズチカと内藤哲也。新日本プロレスの正真正銘のトップであるこの二人のストーリーは、終わりを迎えたのでしょうか?

「諦めないこと」 内藤哲也

引退という言葉を出し、ある意味思わせぶりな内容ともとれるこのインタビュー。内藤哲也はいったい何を伝えたかったのでしょうか?

1982年ってどんな年だったの?

プロレス界では有名な昭和57年会。 ブログでこのことを取り上げる人もけっこういますよね。 飯伏幸太 1982年5月21日生宮本裕向 1982年5月25日生内藤哲也 1982年6月22日 生デーモン植田 1982年7月30日生KAZMA SAKAMOTO 1982年10月1日生岡林裕二 1982年10月31…

正論は時に諸刃の剣 内藤哲也

この記事は内藤哲也選手のファンの方にはあまりいい印象を与えないかも知れません。ですが、私はむしろ彼の発言への誤解を危惧する気持ちで書きました。よく言えばエール的な。 一般社会でもありそうな事柄なので、気楽に読んでみて下さい。 内藤哲也の正論 …

VRとプロレス バンダイナムコ『新日本プロレスVR』

11月28日、新日本プロレスから 『新日本プロレスVR』がバンダイナムコエンターテインメント公式エンタメコマースサイト「アソビストア」にて販売決定 とのプレスリリースがありました。 様々なジャンルとのクロスオーバーが続く新日本プロレスですが、この『…

#NAITOORNOTHING #NAITOTWOBELTS

Twitterにて面白いタグを見つけました。#NAITOORNOTHINGというタグ。内藤哲也以外ありえない!という祈りのようなタグです。他にも#NAITOTWOBELTSという二冠への祈りのようなタグも。内藤哲也を後押しするファンの皆様にとっては、何度も言いますが祈りの…

スポンサーリンク